【片づけが好きになるヒントvol.5】「捨てる」を始めるその前に考えたい3つのこと

IMG_9139

こんにちは、整理収納アドバイザーのりんか(@rinca_yukishiro)です。

前回の連載ではどのお片づけレベルの方でもすぐに取りかかっていただける「スリークエスト」についてご紹介しました。試していただけたでしょうか?

今回は「お片づけレベル初心者」の方向けの内容です。
片づけの最初の一歩は、必要なものと不必要なものを分けることですが、そのさらに前に「ウォーミングアップ」としてやっておきたい自己分析をご紹介します。
まだご自分のレベルをチェックしていないという方は、下の記事へどうぞ。

【片づけが好きになるヒントVol.3】5つの質問でわかる!あなたのお片づけレベル

2016.02.11

3ステップで出来る自己分析

jikobunseki
実際に片づけを始める前に、3つのステップで自己分析をしてみましょう。
考えるのに日数がかかる場合は、その間にも「明らかに要らないもの(ゴミなど)」をどんどん捨てていっても大丈夫です。
ただ、クローゼット整理のお話でも触れましたが、片づけにも「地図作り」が大切です。

やり方は簡単!図を使いながら、
1.理想の暮らしをイメージする
2.片づけない理由と対策を探る
3.優先順位を決める
の3ステップについて考えていきます。
そして最後まで終わったら、まとめとして「お片づけマイ・ルール」を決めてみましょう。

STEP1理想の暮らしをイメージする

まずは、理想の「暮らし」をイメージします。ここでポイントになるのは、理想の部屋やインテリアだけでなく、「暮らし」もイメージすることです。
理想の暮らしを表す「画像」を自由に集めてみましょう。

ヒント:たとえば、こんなことについて考えてみましょう。
○どんな部屋にしたいか?
―― 好きなインテリア、好きな収納、好きな色
○その部屋で何をしたいか?
―― 友だちを招いてホームパーティー、恋人とゆっくり過ごす、ペットと暮らす

画像を集めたら組み合わせて一枚にまとめます。
雑誌を切り抜いてコラージュを作るのもいいですが、画像を集めてコラージュアプリで加工すると、このような画像を作ることもできます。

risounokurashi

ヒント:余力があれば、理想の暮らしを表すキャッチフレーズを作ってみましょう。
例)
・オシャレ部屋で毎週末ホームパーティーを。
・恋人が何度でも遊びに来たくなる部屋づくり

STEP2片づかない理由と対策を探る

次は、なぜ今の部屋が片づかないのかを図を使って考えてみます。片づかない理由も、ライフスタイルや性格によって変わるので、人それぞれなのです。それをはっきりさせることで、あなたのウィークポイントを見つけましょう。

書き方はこのようなイメージです。
riyuu

起点には「片づかない理由」などと書いておきます。ここから3ステップで線を伸ばしていくのですが、左側から、
1.片づかない理由(大) 「なぜ片づかない?」
2.片づかない理由(中) 「なぜ1.の状態になる?」
3.対策 「どうすれば改善できる?」
を記入していきます。

サンプルとして一つ作ってみました。
sample
このようなイメージで、「どうして部屋が片づかないのか?」「散らかってしまう理由は?」について深く掘り下げてみましょう。

今のお部屋が「お片づけ初心者」の状態だと先は長いと思います。途中で諦めたくなることも多々あるかもしれません。
そうなったときのために、自分の部屋が片づかない理由をはっきりさせておき、そのためにどうすればいいのか? を考えるのはとても大切なことです。

STEP3 対策に優先順位をつける

ここまでの作業で、あなただけの「片づかない理由」が見えてきたはずです。
次は、考えた対策に優先順位をつけましょう。

たとえば、「片づける時間がない」→「そのために1日10分だけ片づける」というような対策はすぐに取り入れたほうがよいでしょう。
ですが、「収納スペースが足りない」という理由についてはどうでしょう。もしかすると、これからものを減らせば済むかもしれません。焦って収納家具を先に買い足すのは失敗のもとです。

このように、「今したほうがいいこと」と「あとでしたほうがいいこと」をしっかり線引きしておくのが大切です。

まとめ 片づけのマイ・ルールを決める

さて、いよいよ最後です。これまでの3つのステップを通して、あなたの理想の暮らし、片づかない理由、片づけるためにすぐに取り入れたほうがいいことなどがわかってきました。
これらをまとめて、あなただけの「お片づけマイ・ルール」を決めてみましょう。

ヒント:具体的にはこんな項目を考えてみましょう。
目標期間 ―― いつまでに片づけを終わらせる? (例:1年以内)
ゴール ―― どうなったら「片づいた」といえる? (例:人を呼べる状態になったら)
頻度 ―― いつ、どれくらい片づけをする? (例:週2回、休みの日に)
時間 ―― いつ、どれくらい片づけをする? (例:毎日帰ってから10分だけ)

この全てを考えなくてもいいですし、もっと項目を増やしても構いません。
あなただけのお片づけマイ・ルールを決めて、目につく場所に貼ったり、手帳に挟んだりしておきましょう。

終わりに

経験上、お片づけ初心者から脱出するために一番大切なことは、「続ける」ことだと感じます。
散らかった状態を見ると、途方に暮れてしまいませんか?
だからこそ、「今はこれだけできればOK」という指針だったり、「こんな部屋で暮らせたら幸せだな」という心のよりどころが大切になります。

次回の連載では、引き続きお片づけ初心者向けに、実際のお片づけへの取り組み方をご紹介したいと思います。ご自分に合った方法で無理なく続けるのが一番の近道です! ぜひ一緒に頑張りましょう!

この記事をシェア!