ひと手間でアンティーク風ボックスリメイク[プチプラでおうちを楽しく育てる暮らしvol.33]




こんにちは、ブロガーのなつめです。

春になると、なんだかかわいいものを欲します。
なぜでしょう・・・

かわいい色やモノにときめきを覚えます。

前回はフェイクグリーンについて書きましたが、今回はそのフェイクグリーンを
かわいく飾るためのボックスを作りたいと思います。

材料は2つ

ダイソーに売っている、ポタジェボックスという木箱。
フレンチアンティークな風合いのグリーンで塗装されているものです。

正面は、写真が飾れるようにと木のボードと透明のシートが入っていますが
今回はこの部分を取り外します。

その代わりに、こちらの硬質ハードケースを使います。

木のボードと同じサイズにカットします。
これを正面部分にはめ込んで使います。

3分で塗装

これまでも言ったかもしれませんが塗装はけしてハードルの高いものではありません。
絵具で塗るより簡単かも。

今回、箱の内部が塗装されていなかったのでセリアのニス(色はmaple)で塗装しましたが、塗装に使ったのは、クッキングシート(汚れ防止)とメラミンスポンジ(手元にたまたまあった)と塗料のみ。

メラミンスポンジにニスをしみこませたら塗装したいところにこするだけ。
隅々まで塗って3分待つと…

あっという間に質感のあるブラウンになりました。

これで完成です。

前回、使った解体したシュガーバインとセリアのピンクとアイボリーのマムを飾ってみました。

グリーンを飾った時上部しか見えないなんてもったいないな、と思って
今回のリメイクを思いつきました。

シールで少しだけおめかししたボックスは、どこにおいても絵になります!

こちらは、カードケースのシートの間に英字新聞を中央だけ入れたもの。

今回は中央に入れましたが右半分だけ、とかラインのようにリボンなどを入れてもかわいいと思います。

透明の部分が残ると、雰囲気が出ます!

まとめ

古道具ともアンティークとも、カフェ風雑貨とも好相性のボックス。 とても簡単なのでぜひお試しくださいね!

グリーンやフラワーをかわいく飾ってみましょう!






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し