冬のほっこりインテリア!編まないニット小物[プチプラでおうちを楽しく育てる暮らしvol.30]




さむーい冬はやっぱりほっこりしたい!
そんなほっこりできるとすれば、やっぱりニット小物。
不器用で編み物なんかしたことないけど…編み物ができたらな、と思ったことありませんか?

じつは、、編まなくても、かわいいニット小物ができます!

今回は、100均で手に入るちいさな織り機を使ってニット小物を作りたいと思います!

108円で手に入る木の織り機

こちらは、セットで108円で手に入る織り機。
20cm角の編む台と、そうこうと呼ばれる細い板2本、シャトルは色を変えたりする用に二個ついています。
(写真にはひとつ)

この細い溝に縦糸を貼って、横糸を通していくという単純作業を楽しみます!

今回は、100円均一ショップの毛糸
◎ツイードの毛糸 
◎ロービングヤーン
を使いました。

今回は太めの糸を横糸に使うことで、早い時間で仕上がるようにしました!

縦糸を張ります

並太くらいの太さくらいまでが縦糸として使えます。
溝に順に張っていき、端はマステなどで貼っておきます。

次に、細長い板A(以下そうこうA)を一本飛ばしながら横に通します。
通した後、板をたてることで横糸を通す場所を作ります。

横糸を通します

シャトルに横糸をぐるぐる巻いたものを使って、織っていきます。
ここからは楽しい作業です。

そうこうAをたてたところに横糸を通したら、そうこうAを上によけます。
次に、Aで拾わなかった糸をもう一本の板(以下そうこうB)でひろい、
2段目の横糸を通す場所を作ります。

2段目は、反対側から通します。
このとき、あまり引っ張りすぎると幅が均一にならず歪んでしまうのであまりきつく引っ張らないのがコツです。

2段目の横糸を通したら、そうこうを使って下に横糸を揃えます。

3段目は、そうこうBを外してAでまた横糸の通り道を作り通します。
これを繰り返すとだんだん織地ができてきます。

今回、ロービングというふわふわの太い糸を使ったので11段まで編めました。

縦糸の始末をします

縦糸を外して、結んで始末をします。

2本ずつ型結びをして、まとめていくのですがこのとき、切らずにひとつずつ外して結んでいくと横糸がばらけず、きれいに結べます。

すべて結べたら、端を切りそろえます!

ここまで慣れると30分。
テレビを見ながらやれるので、ひざかけかけて、コーヒー飲みながらやるのおすすめです★

完成しました

小さな器を乗せてもかわいい、10cm四方のコースターができました!

雑貨を飾るのもほっこり暖かい。

もちろんカップを乗せて、コースターに!
作る時間も楽しい、ふわふわほっこり雑貨がつくれました!

作る時間もゆったり楽しんで。

毛糸を触って織っている時間もとても暖かい時間です。
ぜひその時間も楽しんで。

春も、夏も、糸を変えればいろんなものが作れるのですごくお得なお買い物になりますよ!






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し