機能的でカッコ良く!目指せ、カフェみたいなキッチン【おしゃれに見える楽チン収納術vol.5】

こんにちは。さっきからお腹がぐうぐう鳴ってる正月太りのyukoです。
今回は、「古い・狭い・収納少ない」の三拍子が揃った我が家のキッチンを紹介したいと思います。

はい、うちのキッチン。これでほぼ端から端までやで。狭っっ!!でもな、横に1歩移動するだけで料理出来るやん。手ぇ伸ばしたら水道届くんやで!便利やん!!(←完全負け惜しみ)

さて・・・と。狭いながらも工夫している所を紹介していきます。

その1.キッチンツールは吊るす

よく使う1軍の調理器具は、我が家ではすべて吊るしてあります。これは、サッと取れて時間短縮!以外にも理由があります。

吊るす(浮かせる)ことで、狭い調理スペースを圧迫する事がないし、調理台を拭き掃除しやすい。あとは、洗ったらそのまま吊るして乾かせる!!ズボラの極みなのであります。(ゲスの極み!←ネタが古い)

その2.スポンジラックは使わない

我が家のシンクに、スポンジや洗剤を置くラックはありません。全部捨てました。(思い出は潔く捨てる派←誰も聞いてへん)

昔は、吸盤タイプのラックをシンクの内側に設置してたんです。でもね、吸盤て汚れるし、たまにズレたり落ちたりするんですわ。それがもう『イライラする。ゆうこ、イライラする』(←いとうあさこな、ネタが古いねん)

だからやめました。洗剤は使う時だけシンク内に置いて使い、使い終わったら洗ってまた上に置くので問題ない。スポンジは泡で揉んでピンチ付きフックで吊るします。水切れ良いし、これが一番清潔を保てるように思います。ちなみに、ゴム手袋も吊るす派。(←逆に吊るす以外の収納法教えてくれ)

その3.調味料は詰め替える

なんでいちいち詰め替えるん?面倒臭いやん。て、思ったでしょ?でも、考えてみて。『えっと、醤油大さじ1と、みりん大さじ1・・・。(←引き出し開けて、上に醤油置く。測って、また引き出しにしまう)・・・え?あれ?これ1人前かよ、間違えた(←また引き出し開けて出して)・・・大さじ3・・・あ~面倒臭。』て、なるやん?

詰め替えて並べといたら、そんな手間は無くなるはず。そう!!働く母のごはん作りは時間との勝負やねん。毎日1分1秒を争ってるねん。(おおげさか!レーサーか!欧米か!←またネタが古いねん。)詰め替え1回、それだけで毎日が楽になる。やってみて。

ちなみに、入れもんはこだわりを持っています。醤油やオイルは、iwakiのガラス瓶。これ、まったく液ダレしないねん。ほんまに全く!そして粉もんは、フレッシュロック+珪藻土の乾燥材。やっぱり湿気とか気になるんで。参考まで。

その4.キッチンにコップ置き場をつくる

なんでここにコップがあるのか。それは、我が家ではみんなここでお薬を飲むからなんです。それと、キッチンが狭くて水切りラックも小さいのしか置けないんです。だから、よく使うコップは、洗ったら水切りを兼ねてここに置きます。すごく便利です。ちなみに、にいに(中3)はここで歯を磨くので、歯磨きコップもここです。

一人暮らしの方は、お茶碗やお皿もこんな風に置いたら、水切りラック代わりになって良いんじゃないでしょうか♪

その5.戸棚の中身を黒板に書く

こちら、キッチンの吊り戸棚です。元は変な水色だったんですが、上からベニヤ板を貼り、黒板塗料を塗りました。カフェのメニュー風にチョークで文字を書いています。

・・・ん?でもよう見たら、TAKOYAKIとか書いてるやん。笑 そうなんです。中に入っているものをローマ字とかで書いただけ。笑 ほんまはちょっと中身とか変わったんで、書き直さないといけないんですけどね・・・ズボラなもんで。

これ、セリアで売ってる黒板シートを貼るだけでも、同じようにカフェ風に出来ます。黒板シートなら、いつでも簡単に剥がせるし、もっと手軽に出来ますね♪一気にカフェ風になるのでお勧めです。

まとめ

いかがでしたか?今回はカフェみたいな見た目を実現しつつ、機能的で使いやすいキッチンを目指す方法をご紹介してみました。

次回は、この見た目を保ちつつ、いかに使い勝手よく見えない所を活用するか、という事で、今回紹介した吊り戸棚の中や、引き出しの中も紹介したいと思います。まだ誰にも見せたことのない禁断の扉を開けちゃいますよ~~♪お楽しみに。

この記事をシェア!

記事下誘導枠