100均のLEDライトでできるお部屋のイルミネーションアイディア集!

クリスマスの時期に欠かせないのがイルミネーション!実は100円ショップでも購入できます。100均でも手に入るLEDライトを使って、お部屋の中もロマンティックにしてみてはいかがでしょうか?

実際に全ての材料を100円ショップで購入し、クリスマスのためにお部屋をイルミネーションで飾ってみました!

100円ショップのLEDイルミネーションを買ってみた

さっそく100円ショップでLEDケーブルライトを購入してみました。

<材料>

・単三電池2本が必要(別売り)
・スイッチでオン・オフ切り替え
・ケーブルの長さは約80センチメートル
・電球の数は6灯

私が行ったお店では、LEDのカラーが寒色と暖色2つのタイプがありました。

今回は暖かい感じにしたかったのでオレンジっぽいカラーを購入。小さいライトですが輝きは充分! また、細い針金のようなケーブルなので自由に形を変えられます。

紙コップにかぶせてガーランドライトに

紙コップの上下が逆になるので、さかさまになっても不自然にならない絵柄を選ぶとよいでしょう。もし気に入ったものがなければ、白いコップに自分で絵を描いたり、マスキングテープやステッカーを貼ったりしてもよさそう。

作り方

1)紙コップの底に十字の切込みを入れる

2)切れ目に電球を埋め込む

もし切れ目が大きすぎたり、電球が小さすぎたりして安定しない場合、外からテープなどで固定しましょう。

以上、ものすごく簡単です! 不器用な筆者でも5分くらいで完成しました。明かりでぼんやりと模様が浮かびあがって、とても幻想的な雰囲気。ケーブルが比較的短いので小さめの紙コップを選んだ方がよさそうです。

紙コップにいれるだけで間接照明に

工作がめんどう! 紙コップの数が少ない! というときには、ただライトをコップの中にいれるだけでもOKです。ぼんやりとした明かりがいい感じ。もし余裕があれば、紙コップに何か所か穴をあけると、そこから光がもれてさらに暖かい雰囲気になりますよ。ガラスのコップでもきれいな光が楽しめそうですね。

ワインボトルの中に入れてみる

飲み終わったワインボトルがあれば、中身をきれいに洗って乾かしてからケーブルライトを入れましょう。スイッチ部分は入らないので、ビンの後ろに隠すか、敷物などでおおってしまいます。

ガラスを通して輝く光にうっとり。ケーブルの先端がコルク状になっているライトもあるので、ボトルに使いたい場合は最初からそちらを購入するのもあり。

メイソンジャーに入れてみる

大流行したメイソンジャーは、イルミネーションとしても活躍してくれます。ライトを入れれば間接照明の完成! しかも、ふたに穴があいているのでケーブルが通しやすい!

ケーブルライトだけでもきれいですが、リボンやオーナメントを入れても素敵ですよ。春はドライフラワーや造花、夏はガラスや貝殻、秋は落ち葉や松ぼっくりなど、季節ごとに入れるものを変えれば、一年中楽しめます。

オブジェに巻きつけてみる

ケーブル部分は自分の好きな形にできるので、オブジェなどに巻き付けてイルミネーションを作ることもできます。ただし、線がとても細いので無理にひっぱると断線して電球が付かなくなることもあるので気を付けてください。

LEDライトを使う場合の注意

LEDライトは熱くならないと言われますが、長時間使うと熱が発生して危険な場合もあります。使用する場合はスイッチを入れっぱなしにしないよう注意しましょう。

イルミネーションはきらきらした光がとってもロマンティックですよね。100円ショップでそろえたとは思えない仕上がりで、我ながら大満足でした。100均のLEDライトを使って、お部屋を素敵にデコレートしてみてください。

この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し