【物を溜めがちな人へ!】食器の選び方と簡単にできる収納方法

ブログ「メグメグの好奇心」で、シンプルな暮らしやお片づけを紹介しています。megruです。

毎日使う食器は、あったらあっただけ便利ですが、食器をしまうスペースにも限りがあるので、必要最低限にして、あまり持ちすぎないように気をつけたいですよね。
今回は、シンプルに暮らすための食器の選び方と買い足し方。 そして、簡単にできる収納方法をご紹介したいとおもいます。

食器の選び方

・ 白い食器を定番にする

食器を揃えるなら、まずは白い食器で揃えるといいですよ。 どんな料理にでも対応できますし、テーブルにいくつ置いてもバラバラな印象もなく、テーブルをコーディネートしやすいのでオススメです。

白い食器が揃って、もしまだ食器棚にゆとりがあるようでしたら、 白い食器と一緒に使って色のアクセントになるような食器を買い足していくようにすると、スムーズに揃えることができます。

・ オールマイティにつかえる食器

料理には、和・洋・中といろんな種類がありますよね。 そのほかにも、グラタンにはグラタン皿。カレーにはカレー皿。パスタにはパスタ皿。ティーカップ、コーヒーカップ、湯飲み… など。

その料理や飲み物にぴったり合った食器を持つと、それだけたくさんの食器が必要になってきます。できるだけシンプルで、なんにでも対応できる食器があれば、それ一つで済んでしまいます。

私がよく使うのは、白い26センチのプレート。 ワンプレートにすると、あと片付けも楽なんです。

白い15センチのボウルは、煮物・デザート・サラダ・スープ・シリアルなど、なんにでも対応できて重宝しています。

買い足し方 ・ 必要な枚数以上は買わない

人を招待する事が多い場合は、自分とよく招待する人数を足して、何枚くらいあれば足りるのかを考えておきましょう。 もしも必要以上に持ちすぎているようであれば、使わない食器を処分してもいいとおもいます。

・ 同じ形で重ねやすい食器を選ぶ

同じメーカーの食器なら綺麗に重ねることができ、コンパクトに収納できるので、わが家では揃えることにしています。 買い足すのも簡単で、新商品が出たとしても形は以前と変わらないことが多いのでいいですよ。


・ 衝動買いはせず、足りないものを買う

ひとめで素敵だなぁと思う食器はすぐに手に入れたくなりますよね。

でも衝動買いは後で後悔しやすいもの。 いつどんな時にそれを使って、どこにしまうのかをよく考えてから買ったほうが懸命です。 普段から「こういうのがあったらいいなぁ」と感じているものがあったら、そちらを優先的に購入したほうが、より食器が充実してくるはずです。


食器のしまい方 ・ 種類ごとにまとめる

カップ類・プレート類・ボウル類のように、形の似ている食器をそれぞれまとめて置くと、高さが揃って棚にしまいやすくなります。 それに種類ごとに分けていると、どこに何があるのかが分かりやすくなり、見つけやすくなります。

・ コの字ラックを使う

食器の上のデッドスペース。ここももったいないので使えるようにしたいですよね。 上にも食器が乗せられるように、コの字ラックを使うと簡単に収納が増やせます。

・ トレイにまとめる

奥行きのある場所に食器をしまう場合、取り出しやすい手前の食器ばかり使って、奥にある食器はあまり使わなくなってしまうことがよくあります。 奥まで届くトレイの上にカップやコップを乗せて収納するだけで、 手前から一気に引き出せて、どれでも使いやすくなりますよ。


・ かごにまとめる

小皿などをコンパクトにまとめるには、かごを使うとバラバラにならずにキュッとまとまって便利です。 お箸やフォーク・スプーンなどのカトラリーもコップに立ててまと めるだけで、小さいスペースにも置くことができます。

食器もいつのまにか増えてしまいやすいアイテムです。 自分の家にはどのくらい必要なのかを知って、持ちすぎないようにしましょう。

この記事をシェア!