【100均DIY】毛糸で作る!手作りガーランドでお部屋の雰囲気変えちゃおう!

お部屋に華やかさを手軽にプラスでき、雰囲気も簡単に変えられるガーランド。素材を季節に合わせたものにすれば、季節感もアップできます。肌寒くなってくる秋冬の季節には、毛糸で作ったガーランドがぴったり。

ハロウィンやクリスマス、お正月にバレンタイン。イベントが目白押しのこれからの季節には、パーティーの飾り付けにも一役買ってくれそうです。

今回はズボラで不器用なライターが、100円ショップで購入した毛糸で秋冬向けのガーランドを作ってみました!

ガーランドの材料を揃えます

まずは材料の買い出し! ハンドメイドではこの買い出しが一番テンションの上がる時間と言っても過言ではありません。

100均の毛糸コーナーには、かなり多くの種類の毛糸が並んでいます。カラーバリエが豊富なのはもちろん、細さや素材もさまざま。作りたいイメージにあった素材や太さのものをチョイスしましょう。

そして、ガーランドといえばモチーフを繋げるひも。麻ひもが一般的ですが、今回は合皮のひもをチョイスしてみました。
よくニット帽のてっぺんについているぽんぽんを繋げてガーランドを作ります。

【ガーランドの材料】

・毛糸(今回はごくごく一般的な太さ・素材の毛糸です。3色用意しました)
・はさみ
・カードまたは厚紙
・ひも

ぽんぽんを使ったガーランドにトライ

ぽんぽんガーランドの作り方

1 まずはカードに毛糸をぐるぐる巻きます。今回は100回くらい巻きました。

2 カードを抜きつつ、まん中を同じ毛糸でぎゅーっと縛ります。ここでぎゅーーーーっっっときつーく縛るのがポイントです。

3 左右の輪っかになっているところをはさみで切ります。

4 形を整え、毛の長さを調節します。

これでぽんぽんの出来上がり! ぽんぽんを必要な分だけ作り、ひもにつけていきます。今回は、ぽんぽんと同じ色の毛糸を、2のぎゅーっとしばった毛糸に通し、ひもに結びました。好きな色を好きな配置に吊るし、ぽんぽんガーランドの完成です。クリスマスツリーの飾りに使った木の実のオーナメントを左右につけて、秋感たっぷりのガーランドが完成しました♪

【ぽんぽん失敗例】

ちなみに、ネットで見かけた「フォークで小さなぽんぽんを作る」という方法は、私が不器用だからか、毛糸が太かったのか、まんまるにならず、イソギンチャクのようなものができあがったことをご報告します(笑)

初心者は、大きいぽんぽんの方が簡単なようですよ。

ズボラさんにおすすめ、太めの毛糸でタッセルガーランド

手作りのタッセルをつり下げるガーランドも作ってみたい! 毛糸のぽんぽんガーランドを作り、創作意欲満点になってきた筆者は作業に取りかかりました。

ぽんぽんガーランドと同じ毛糸で作ろうかと思いましたが、いかんせん目が疲れた。ということで、極太毛糸でのガーランド作りをひらめきます。

タッセルガーランドの材料

・毛糸(極太、今回は2色用意)
・厚紙(タッセルの長さのもの)
・ひも1(ガーランドにする用)
・はさみ
・ひも2(タッセルを縛る用。今回はスタンダードな太さの毛糸)

タッセルガーランドの作り方

1 厚紙に毛糸を巻きます。極太なので10回弱くらいにしました。毛糸の初めと終わりの部分は、下にあると良いです。

2 厚紙からそっと毛糸を抜き取り、ひも1を上部の輪っかの束に通します。

3 上部とひも1の下を、ひも2でしばります。

4 下部の輪っかを、まとめてはさみで切ります。

これでタッセルができました。これを繰り返し、どんどんひも1にタッセルをつけていけば、できあがり!

極太毛糸のふわふわタッセルの完成です! 両サイドにリスさんのモチーフを添えてみました。羊毛フェルトのマスコットと相性抜群です。ベージュの方の毛糸がまだらっぽくなっていて、アクセントになってかわいいですね。

いかがでしたか? ズボラ女子がハンドメイドに挑戦してみました。色の組み合わせや、他のアイテムとのコーディネートを考えるのもとっても楽しいひとときでした♪どちらも製作時間は1時間もかからず簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみてください!

この記事をシェア!