オシャレでかっこいいカフェみたいな空間をお家で楽しもう!【目指せ!ブルックリンスタイルのお部屋vol.1】

はじめまして。男前インテリアに憧れ、リメイクやDIYに日々奮闘中のyukaと申します。賃貸マンションである自宅の原状回復を考え、ブルックリンスタイルのかっこいいお部屋を目指してセルフリノベーションをしています。

ひとり暮らしLabでは、これまでの経験で得た、誰でもすぐ真似できる男前インテリア・アイテムのDIY術をご紹介していきたいと思っています。気軽に読んでいただけると嬉しいです。

さて、記念すべき第一弾は「オシャレでかっこいいカフェみたいな空間づくり」をテーマに、誰でも簡単に出来るカフェトレイとコースターのDIY術をご紹介します。

1.カフェトレイづくりに挑戦!

使う材料はセリアで売っている合板1枚、木製角材2Pを2本(計4本)、釘、ブラックタイルのリメイクシート、そしてホームセンターなどで売っているカスガイです。

まずは合板に合わせリメイクシートをカットします。カットしたらリメイクシートを合板に貼り付けるのですが、貼り付ける時は空気が入らないよう右手で慎重にシートを引っ張りながら、左手で撫でるように少しずつ押さえていくとキレイに貼れます。

そして次に、角材に色を塗っていきます。今回はキャンドゥで売っている「木部工作用水生ニス メープル」を使いました。スポンジにニスをつけて塗り込んでいくと、木目が現れ味わいが出ます。4本とも塗り終わったら少し乾かします。

角材が乾いたら、まずは両サイド2本を取り付けます。合板の裏側に釘を打って固定します。角材から釘が突き出ないよう、予め角材に合ったサイズの釘をご用意ください。何箇所か打てばしっかり固定されるので短めでもOKです。

そして、残りの角材は長さを確認してカットしてください。セリアの角材は軽いため、簡単に切れたりと加工しやすく個人的におすすめです。切った角材を入れ込み、先ほどと同様に裏から釘で固定したらフレームの出来上がり。

最後に、角材の短い辺に持ち手となるカスガイを取り付けます。持ち手が真ん中になるように合わせて印をつけたらキリで下穴を入れます。そこにカスガイを入れ、金槌で上からトントンと叩けばすぐに入ります。強度が心配なら、周りに接着剤をつけるとしっかりつきますよ。これでカフェトレイの完成です!!

2.トレイとお揃いのコースターづくり

材料は端材(1×4)、カスガイ、セリアで売っている「モザイクタイルシール 白 茶」です。写真にはシールが各4枚ありますが、今回コースターを4つ作るので各1枚あれば大丈夫です!

まず、端材にカフェトレイでも使った木部工作用水生ニスをスポンジで塗り込みます。端材が乾いたのを確認したら、タイルシールを端材に合わせ丁度いいマス目でカットし、真ん中になるよう慎重に貼ります。

そして側面に、キリで下穴を開けて持ち手となるカスガイをつけます。木が割れないようにやさしく上から金槌を打ってはめ込んだら、コースターの出来上がり♪

お部屋のテーブルがカフェみたいな空間に

簡単DIYでかっこいいカフェアイテムを揃えたら、テーブルコーディネートして完成!お部屋にお友達を呼んで、オシャレなカフェタイムを過ごしてみてはいかがですか。

この記事をシェア!