少ないアイテムで秋色インテリアにするコツ[プチプラでおうちを楽しく育てる暮らしvol.22]

こんにちは、なつめです。

9月に入り、朝晩もちょっとだけ涼しくなりましたね。
少しずつほっこりしたものがほしくなるこの季節。おうちの中にほっこりアイテムを加えてみませんか?

季節ごとにインテリアアイテムを買うのもな・・・と思ったりしますが、色味や素材を少し変えるだけで季節感は変えられるものです!

鉄板アイテム、クッションカバー

クッションカバーは、手軽に変えることができるので季節感を変えるにはもってこいのアイテムですね。

我が家も、季節によってクッションカバーを変えます。

リバーシブルで!

今現在の夏仕様がこちら。
ブルーのチェックとホワイトの大きな文字でさわやかに。

でもこのホワイトの文字のクッションを裏返すと

実は山吹色なのです。
こっくりした黄色が加わることで、ブルーベースは変わらないのに
あたたかく感じませんか?

色味だけを変えてほんの少し秋色を足すけれど、コットン素材のままなので
まだまだ残暑の厳しい時期にはぴったりです。

こんな感じのリバーシブルなクッションカバーを使うのも一つの手です!

素材感を使って

もう少し季節が進んだら、コーデュロイやフリースなどの暖かい素材や
色味をもう少し暖色、濃い色を使うと一気にほっこりします。

暖色系だけど、かっこいいロゴが入ったものも今はたくさん出ています。
お安い300円タイプはリバーシブルではないので表のみの素材だったりしますがそれでも十分の存在感です!

プラスアルファアイテムで

500円で買った円筒型クッション。
なんとふわふわで、気持ちの良いものでしょう!
秋冬だけ登場させるプラスアルファアイテムとして購入するにはもってこいです。
枕にしたり、座布団にしたり、寝転がった時脚に挟んだり使い方はいろいろ。

モノトーンでシックに

秋色を楽しんだ後は、その先の冬に向けて
もっともっとふんわりしたカバーで楽しむのも大人っぽくて素敵です。

先ほどのリバーシブルカバーはまた表に変えて
ホワイトのふわふわ素材カバー(200円)とツイード風カバー(300円)を加えました。

モノトーンでシックにまとめるコーディネートです。
ツイードで秋感を残しつつ、ふわふわの白い素材は冬を意識しています。

この後、冬に入ってもこのままでもいいですし、もっとふわふわのウール素材などを加えてもいいと思います。

スリッパ+マット

スリッパ、あまり気にしないかもしれませんがここにも少しだけ手を加えて。

お客様が来た時に、季節感を感じてもらえますよ。

現在の春夏仕様のスリッパ。
ストライプでさわやかに。

秋冬仕様はこちらになります。
タータンチェックで暖かみを、毛足の長いマットをひいて。
ふわふわ感+色で、秋色に変身。
マットは玄関だけでなく、リビングでももちろんOK。

ファブリックでお手軽に季節の模様替え!

ラグや壁紙なんかはなかなか変えられないけど、ちいさな面積だけでも十分雰囲気が変わるので、季節のプチ模様替えはまずは小さなファブリックからいかがですか?

ぜひ試してみてくださいね!

この記事をシェア!