材料道具もALL100均!インダストリアル風マルチ収納箱[プチプラでおうちを楽しく育てる暮らしvol.19]

こんにちは、なつめです。

今日は、木箱を使った収納箱を作ります。
材料は、100円ショップですべて揃うのに、完成度の高い仕上がりになりました。

メインの材料は、こちらの真っ白の木箱。

最近は、すでに色が塗ってある木箱も多いのでお好みの色があれば塗る工程は飛ばしてくださいね!

STEP1:木箱の文字を消す

こちらの箱には、文字が書いてありました。
今回は、箱をひとつを逆さにして蓋として使うので、片方の木箱の文字は消しました。

文字の消し方は、いろいろな方法があります。

やすりで削るか、塗るのが一般的です。

今回は、やすりで削ると白い色も削れてしまうので、塗りつぶすことにしました。

アクリル絵の具などで2度程度塗れば、きれいに文字を隠すことができました。

STEP:2:木箱を組み合わせる

木箱を向かい合わせにして、蝶番を使ってとめます。

蝶番をとめるときは、まず細めのキリで穴を開けます。
穴にネジが固定されるため、ちいさなネジでもうまくとめることができます。

蝶番は、2か所とめておきましょう。

STEP3:ブリキプレートの留め具をつける。

今回は、ブリキプレートを留め具になるようにつけていきます。デザイン的にも、白い箱にブリキプレートが良いアクセントになりますよ!
まずは下半分の木箱に強力両面テープを使って貼り付けます。(逆でも、もちろんOK! 今回は文字を隠したかったため下に付けました。)

ブリキプレートの裏に、両面テープを2列貼り付け、密着させます。

続いては、上の木箱に6mmの小さな磁石を埋め込んでいきます。小さくても、とても強力な磁石です。

木箱に、彫刻刀で穴を開けます。丸刀で、くるりと。
やわらかいので、力がなくてもカンタンに開けることができます。

ちなみに、彫刻刀も100円ショップに売っていますよ!

穴がある程度開いたら、瞬間接着剤で貼ります。この接着剤も100円ショップで調達しました。

STEP4:取っ手を作ります。

取ってはお好みで付けてください。

今回使ったのは、100円ショップのL字金具と、まっすぐの取り付け金具。
ボルトとワッシャー、ナットのセットも100円ショップで購入できます。

ボルトは、先が尖っていないねじのようなもので、六角形のナットと合わせて使います。
タンスの取っ手などに使われていることが多いです。
ワッシャーで、ひらべったい形をしていて、ボルトとナットの間に入れることでボルトを緩みにくくする機能を持っています。

それでは止めていきましょう!

両端にキリで穴をあけます。 3㎜程度の穴があくとボルトが入ります。

L字金具をとめます。

ボルト、ワッシャー、L字金具、本体、ワッシャー、ナット の順にとめます。
ナットをおさえながら、ボルト側からドライバーを使ってとめると簡単です。

両側、同じようにL字金具をとめるとこんな感じになります。

先ほどのL字金具にまっすぐの金具をとめます。
穴の位置を合わせてやはりボルトとナットでとめます。ワッシャーはなくても大丈夫です。

3か所ずつとめると安定しますよ。

完成です!

取り付け金具をボルト止めすることで、インダストリアルな雰囲気に仕上がりました!

お薬や、文房具、お化粧品なんかも収納できると思います。
取っ手がしっかりしているので、持ち運びに便利です。

いかがでしたか?

写真を多めに載せましたが、やっていることは簡単なことばかりです。
材料や道具はすべて100円ショップで揃えられます。

写真と工具の名前で難しそうに感じた方もいるかもしれませんが、実際はとても簡単なので、ぜひ参考にしてみてください!

この取っ手の考え方はいろいろなものに応用できますので、ぜひやってみてくださいね。

ぜひお部屋のインテリアの一部に加えてあげてください!

この記事をシェア!