ルームシェアorワンルーム?友達と一緒に住むならどっち!?

pixta_497313_M

いよいよやってきた新しい季節。春からの新生活に備えて引越しを控え、どこに住もうかと考えている人も多いかもしれませんね。

春は別れの季節でもあります。それまで一緒だった学校の友人や地元の友人と離ればなれになってしまうことは、やっぱり寂しいですよね。

しかし! もし、春からの新生活からも近隣の地域に住むことができるなら、離れ離れにならずに済むかもしれません。たとえば、大学は別だけど、その所在地が近く、住みたい場所も似ている場合。それだったら、その人と一緒にルームシェアしたり、同じマンション内のワンルームを借りて交流したりといろいろな選択肢が出てきます。

そこで今回は、ルームシェアとシェアハウスの利点や欠点、同じマンション内のワンルームを借りる利点や欠点を紹介したいと思います。

ルームシェアのいいところ、わるいところは?

pixta_6013060_M
ルームシェアは誰か個人が借りた物件を、さらに全員で分け合って借りる場合をいいます。そのため、契約者は自分または友達の誰かになります。

一人暮らしをはじめるときにネックになるのが、家賃ですよね。家賃を下げれば、負担は軽いものの、部屋が狭くなったり駅から遠かったりして、不便なこともあるかもしれません。

そこで考えたいのが、「友達とルームシェアするのはどうだろう」というアイデア。2部屋以上ある少し大きめの物件を選んで、そこに仲の良い友人と一緒に住めば、家賃の負担を減らして良い家に住むことができるというわけです。家に帰れば話し相手がいるというのも、素敵ですよね。

ただし、ルームシェアは便利なことだけではありません。一緒に住む以上、完全なワンルームでの一人暮らしよりは制限されてしまうことがあります。

例えば、家事の分担。お互いに掃除当番を決めてトイレや水回りの掃除をすることになったときは、外で誰かと遊ぶ約束をしていても家に帰らなければなりません。

また、友達とはいえど、一緒に住むと嫌なこともあります。初めはそうでもなかったものの、暮らしていくうちに相手の嫌な部分も見えてくることも。最悪の場合、仲が悪くなってしまうかもしれません。

ルームシェアをする際には一緒に住む相手を慎重に選ばなければなりませんよね。

シェアハウスのいいところ、わるいところは?

pixta_17145303_M
続いて、シェアハウスはどうでしょうか。シェアハウスとは、会社や不動産などが借りているところに何人かで住む場合を指します。だから、当然契約者は会社や不動産屋さんになります。

さらに、シェアハウスは借りられている所に入るので、初対面である場合がほとんどです。そして、比較的シェアハウスの方が人数が多いといえます。

物件によっては契約時に入居人数が決まっている場合もありますので、事前に、管理会社や大家さんに確認してください。

シェアハウスでは、家事を分担して一緒にこなすこともできるので、交流も増えます。様々な人と交流したい人にぴったりですよね。

しかし、そんなシェアハウスにも我慢しなければいけないところもあります。各々の個室があるところもありますが、リビングや風呂場が共同だったりと、プライベートがなくなりがちです。

また、門限や消灯時間が決まっていて夜遅くに自由に行動できなかったり、家事の分担がされているため必ず家に居なければならない時間が決まっていたりなど、自分の時間が拘束されます。

家事の分担を上手にしながら、自分に合ったシェアハウス先を見つけたいですね。

ワンルームを同じマンション内に借りるとどうなる?

gaikan
プライベートな空間は欲しい、でも、友達ともたまにいたい。そんなわがままは実現できないと思っていませんか? ワンルームの利点も、ルームシェアやシェアハウスの利点も手にしたいですよね。そこで、同じマンションのワンルームを友達と一緒に借りてみてはどうでしょう?

ルームシェアやシェアハウスと比べて家賃は上がってしまうものの、両立ができる画期的なアイデア!

一人で過ごしたい時はもちろん、友達と過ごしたい時でも、同じマンション内のため歩いて友達の家に行けます。一緒にご飯を作ったり分け合ったりして、助け合いながら住めますよね。映画のDVDを借りてどっちかの家で見るのもいいかもしれませんね。なんだか、ワクワクしてきませんか?

レオパレスの友だち割!

無理せずに友達と住むのであれば、同じマンション内のワンルームを友達と一緒に借りるというアイデアをお話ししました。無理なく友達と適度な距離も取れ、プライベートな空間も実現できると思います。

「同じアパート内で部屋を友達と借りてみたい」という方へ。レオパレス21では、同じアパートに友達同士で同日に契約すると、人数に応じて入居費用が割引される「友だち割」というキャンペーンを行なっています。是非こちらも見てみてくださいね!

この記事をシェア!