飲み物代を節約! 12個の手作り飲み物で自宅や外出時の「ペットボトル買い」にストップ!

ティータイムを贅沢に!

Ice coffee with milk
一人暮らしのいいところは、いつでも好きなときに静かなティータイムを過ごせるところですよね。ティータイムのお供には美味しい飲み物が不可欠。

一人暮らしでも簡単につくれる紅茶とコーヒーを紹介します。

(9)紅茶

胃に優しく、何杯でも飲めてしまうのが紅茶です。ティーバッグ形式なら、1杯でも数杯分でも、そのとき飲みたいぶんだけつくることができます。

また、フレイバーティーやミルク、レモンなどさまざまな味付けで無限の楽しみ方ができるのも紅茶の魅力です。

(10)ホットコーヒー

朝眠いときや、夜もう少しがんばりたいときに自宅でコーヒーを飲むのは一般的です。受験生時代にがぶがぶ飲んでいた経験がある人もいるかもしれませんね。

他の飲み物と違って、忙しさに合わせて飲めるという特長があります。たとえば、朝とても急いでいるときは電気ポッドで沸かしたお湯に粉末のコーヒーをざっと入れて飲む。夜自宅でゆっくりしているときにはドリップで香りを楽しむ…というのもコーヒーならではですよね。

作ったら都度飲みほすものですが、喫茶店などで販売されているボトル(魔法瓶)に入れることで持ち運ぶこともできます。

違いを試してみて!インスタントコーヒーを劇的に美味しく飲む方法

2016.05.03

(11)アイスコーヒー

アイスコーヒーはホットコーヒーを冷ましたものではなく、作り方が異なります。一人暮らしにおすすめなのが、水出しのアイスコーヒー。これは麦茶の容量で、パックを水に浸しておくだけでできてしまうコーヒーです。

量もコーヒーなのにたくさんつくれて、保存も1、2日なら大丈夫です。夏、氷をたくさんいれたグラスに牛乳を入れてカフェ・オ・レも美味しいですよね。
お茶に飽きた人は水出しコーヒーの容器を用意して、ぜひ試してみてください。

(12)ココア

たまに飲みたくなるのがココア。寒い季節には体の芯からあったまりますよね。コーヒー売り場の近くで売られていますが、意外に手頃な値段で手に入ります。

コーヒーと異なり、カフェインを気にせず飲めるため、寝る前にゆっくり飲むのがオススメ。ポリフェノールがたくさん含まれているため、健康にもGOODです。

節約チェック!どれくらい節約できる?
こちらも、紅茶やコーヒーを自分でつくるといくらの節約になるか比べてみましょう。
紅茶やコーヒーが1杯分で10円程度とすると、
・ペットボトルの紅茶や缶コーヒーの場合…120円×1本=120円
・自分でつくった場合…10円×1杯=10円
と、こちらも大きく節約になりました。

いかがでしたか?

1年中おすすめなのは、やっぱりルイボスティーかスポーツドリンクでしょうか。健康的におすすめなのはルイボスティーですが、男子諸君は「甘いものがいい」「お茶なんて飲み物じゃない」という主義の方も散見されますので、そこに対しては甘いスポーツドリンクをおすすめしたいと思います。

他のドリンクも、暇があればスーパーでパックを買って、作ってみてくださいね。やっぱり毎回お湯を沸かして、パックで漉して、と作業をするのはめんどうなので、ポットの購入はおすすめですよ。

1日あたりの節約金額はそれほどでなくても、一ヶ月、一年で大きく節約できます。

自作ドリンクで飲み物代節約、ぜひ試してみてください!

節約を目指したいあなたにおすすめ記事

一人暮らしのお金事情、食費、生活費、交際費と節約術も全部公開!

2017.08.19

この記事をシェア!

記事下誘導枠