一人暮らしの節約に知恵!電気代・水道代のカンタン節約方法




整理収納アドバイザーの須藤昌子です。

お金をためて、旅行に行きたい!とか、勉強をしたい!、洋服を買いたい!など、いろいろとやりたいことがあるのに、それをするためのお金がなかなか貯まらない、そんな気持ちの方は多いと思います。

一気に貯めることは難しくても、日々の気配りで少しずつたまる形にしていければ、無理なく、ストレスを案じずに、やりたいことを実現することができると思います。

そのためにする節約の仕方をご紹介します。

使わない場所の電気はこまめに消す

つい忘れてしまいがちですが、いない場所、使っていない場所の電気は、まめに消しましょう。 それ以外には、マルチタイプの電源コードを使って、ぱちぱちと使う時だけ使う場所のスイッチをオンにすればいいのです。

 

エアコンの使い方を考えよう!

・フィルター掃除はまめにしましょう。お掃除しないことで、冷暖房効率が悪くなり、電気代が無駄になります。

・冷房温度は一度上げて、カーテンも遮熱のものを使ったりと工夫をしましょう。

カーテンを上手に使う

我が家では、日が差す少し前から、カーテンを使うようにしています。日が照り始めてからでは、お部屋の温度が上がってしまうので、上がる前に、対策をしています。

食器洗いも一工夫

油やソースなどで汚れた食器。 そのまま洗っていませんか? そのまま洗うと、洗剤もたくさん必要になることもありますし、お水もたくさん使うことにもつながります。よって、おすすめは、ウェスを使うこと。

不要になった衣類などを洗濯後、使いやすい大きさにカットして、キッチンなどの保管しておきます。そして、汚れたお皿などを、ウェスで拭き取ってから洗えば、早くお皿はきれいになりますし、使う水の量も少なくて済みます。

冷蔵庫は、無駄に開けない

冷蔵庫を開けて、何を取り出そうか悩んだり、探したりしている時間の電気代はもったいないです。長い時間、開けっ放しにしない工夫をして、欲しいものをさっと取り出せるようにしておくことをお勧めします。

そのためには、どこに何を置いているかをわかるようにしておくことが大事です。冷蔵庫のドアにでも何をどこに入れているか?を書いておいてもいいかもしれませんが、我が家では、入れ物事にラベルを貼って、欲しいものがすぐに見つかるようにしています。

使わない水を無駄にしない

歯磨き最中やお風呂のシャワー。

使っていないときに出しっぱなしにしていませんか。使わないときは、まめに、水を止めて、歯磨き、シャワー、洗顔、手洗いをしましょう。出しっぱなしのときの水は、結構な量が流れてしまっています。

炊飯ジャーの保温は使わない

ご飯を炊いて、炊飯器の保温機能を使って置いたままにすることで、電気代も無駄になるばかりか、ごはんのおいしさまで失ってしまうこともありますので、炊きあがったご飯は、冷凍にしてしまうことをお勧めします。

こうすれば、食べる時に、電子レンジでいつでもおいしいご飯を食べることができます。また、野菜をゆでる場合も、電子レンジを使うと、お水も電気代も節約することにつながります。

細かなことですが、日々、続けることで節約につながります。

工夫をしたり、まめに続けることで、節約をしていくことができますので、ぜひ、習慣にしてみてください。そのことが大きな成果につながると思います。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し