関東と関西で違う?敷金と礼金と相場の違い

関東の人が関西に、関西の人が関東に引っ越す際に戸惑うのが、賃貸での「敷金」や「礼金」違いです。ルールが異なっているので勘違いしたまま契約を進めていくと、後でビックリするかもしれません。敷金と礼金と相場の違いをしっかり把握しておきましょう。

敷金とは? 礼金とは?

ここでは「敷金」「礼金」の意味をご説明します。また、関西では呼び名が異なるので、そちらもチェックしてくださいね。

◇敷金

「敷金」とは、通常部屋を借りようとする人が、部屋の持主に預けるお金のことを指します。これは保証金の役目を持っていて、入居者が家賃を払えなくなった際、持主はこのお金で補います。
また、生活をしていればどうしても部屋が汚れたり傷がついたりします。その際は退去時に原状回復をするために修理をしないといけませんが、その分をこのお金(敷金)で補う、ということもあります。その結果、残金があると入居者のもとに『戻ってくる』お金です。

◇礼金

「礼金」は、部屋を貸してくれる持主に対し、お礼として渡すお金のことです。昔、下宿先やアパートに子供を住まわせる際、親御さんから大家さんに「よろしくお願いします」という気持ちを込めて贈られたところから来た商習慣です。
現在では昔のように大家さんが入居者のお世話をするということは少ないのですが、「礼金」の仕組みだけが残っているわけです。こちらはお礼のお金なので入居者には「戻ってこない」お金です。
「敷金(家賃)2ヶ月(分)、礼金2ヶ月」という契約であれば、退去時には敷金2か月から原状回復費用を引いた残金が入居者に戻ってきます。

◇関西では呼び名が異なる!

「敷金」「礼金」という名称は関西では別の言い方の場合があります。

・敷金→保証金
「敷金」の代わりに「保証金」というお金があります。仕組みは関東とほとんど同じですね。引っ越すときの部屋の清掃や修理に使われ、余った分は返金されます。

・礼金→敷引き
「礼金」のかわりに「敷引き」というものがあり、これが関東の「礼金」と同じ役割となっています。「敷引き」は、「保証金」の中から、退去時に入居者に返す必要がない金額を決めたものです。「保証金6カ月、敷引き2ヶ月」と契約していれば、退去時には保証金6ヶ月から敷引き2ヶ月を引いた4ヶ月分の保証金が入居者に戻ってきます。

関東の「敷金・礼金」相場

家を借りる際の初期費用となる「敷金・礼金」。関東で賃貸住宅を借りる人には気になるところですね。その相場は、家賃の1〜2ヶ月程度となっています。敷金・礼金がそれぞれ1か月分であれば、月額家賃6万円とすると、最初に12万円を支払う必要があります。

中には「敷金・礼金なし」という物件もありますが、その場合は「その他一時金」などの別の名目で退去時にまとまったお金を支払う場合もあるので、どんな物件でも条件は必ず隅々までチェックしましょう。

関西の「敷金・礼金」相場

では関西ではどうでしょうか。関西の「保証金」は、関東の「敷金・礼金」を足し合わせた額という見方もできるので自然と高くなりますが、家賃の6~8ヵ月程度と言われています。月額6万円の賃貸であれば、最初に36万円支払う必要があります。

また、最終的な原状回復費用と礼金の額を足した役割である「敷引」の相場は、家賃2ヶ月程度で、この場合は12万円。つまり退去時には36万円から12万円を引いた24万円が入居者に戻ってくることになります。引っ越し先が賃貸であればそのまま新居の「保証金」にあてられますね。

敷き引きに修繕費もはいっていることがありますが、大きな破損・汚損の場合、別途請求する場合があります。

初期費用が高額になりがちな関西の仕組みですが、実は一定期間が過ぎた後に行われる契更新料がかからないというメリットがあります。長く同じところに住むのであればお得なシステムと言えるでしょう。また、入居した段階で退去時に戻ってくるお金を計算しやすいというのもメリットと言えます。

関東と関西では商習慣の違いから、賃貸住宅を借りる際には用意する費用が違ってくるので注意しましょう。近年では関西でも関東と同様の「敷金・礼金」システムの物件も増えているので、不動産屋で物件を探す際には忘れずに調べておきましょう。

この記事をシェア!