インターンは就職に有利? アルバイトとの違いは?

「インターンシップ」という言葉を知っていますか? 大学にいると『〇〇先輩、今インターンなんだって』などの会話が自然に聞こえてくることも。今回は「インターン」について調べてみました。

インターンとは?

◇インターンについて

インターンとは、就職活動の一環として学生が企業で一定期間働く「職業体験」を指します。実際に企業のオフィスに出勤または訪問することができるので、就職活動において「企業で働く」イメージと自信がつけやすいのが特徴です。
またインターンによって企業サイドも学生の素養を知ることができるため、そのまま採用に直結しているケースも少なくありません。

◇アルバイトとの違い

・無償
詳しくはこの後の「インターンの種類」で説明しますが、一部を除いてインターンは実際に仕事をすることがないため、無償の場合がほとんどです。

・責任のある仕事を任される
一方、有償のインターンの場合、アルバイトよりは重要な仕事を任されることが多いようです。より即戦力となる人材が求められるのですね。

インターンの種類

一口にインターンといっても、様々な種類があります。ここでは主なインターンの種類をご説明します。

◇短期プロジェクトタイプ

通常インターンといえば数日~数週間といった期間、企業に通って行われる短期プロジェクトタイプを指します。企業は課題をインターン学生に出し、学生同士チームを組んで解決していきます。
これによって企業側も学生のスキルや発想力、コミュニケーション能力を測ることができるので、採用にも結び付きやすいと言えるでしょう。人気のある企業のインターンは、それだけ多くの学生が集まりやすいので、参加そのものがハードルとなっている事が多いです。

◇長期就業タイプ

場合によっては、数か月から1年もの間、インターンを行う長期就業タイプもあります。こちらは働いた分だけお給料が出るので、アルバイト感覚に近いでしょう。時間の都合もつけやすく、講義の時間を削る、などという必要もありません。
ただし、あくまでインターンは職業体験であり、学生にとってはスキルアップ(成長体験を積む)と業界研究が目的の第一となります。成長を目的とし採用活動に役立てたいというインターンと、「収入獲得」を目的とし決められた業務を着実にこなしていくアルバイトとは仕事に求めるものが異なると言えます。

◇1dayインターン

近年ではお手軽な「1dayインターン」も増えてきました。名前の通り、1日だけ企業体験をします。1日だけだと仕事をするというより、働いている社員の話を聞いたり、業界・業務の解説を聞いたりする内容になります。就職活動の企業研究として役立ちますね。

インターンは、比較的学生の手が空きやすい夏・秋・冬に行われます。数週間の短期プロジェクトタイプであれば、夏休みにまとまって行われるケースが多いですね。長期就業タイプとなると、場合によっては1年以上続くので、随時受け付けている企業もあります。

インターン選び方のコツ

数多くの企業がインターンを募集しています。そのため、どのインターンに参加するか悩みますよね。ここではインターンの選び方のコツ、ポイントについてご説明します。

◇就活でどんな業界・業種に興味があるのか?

まずは就職にあたって、どんな業界や業種に自分が興味を持てるかを考えてみましょう。業界を絞ったら、その中で第一志望の会社がインターンをやっているかを調べてみてください。自分がどの業界や会社に興味があるか絞るのは、実際の就職活動でとても役立ちます。

◇職場体験ができるか?

業界というよりもその仕事内容(職種)について深く知りたい、という方は、職種体験のできるプログラムに参加する必要があります。その場合は業界や会社で絞るのは後回しにしても構わないでしょう。

◇自分のスケジュールを優先

そもそも就職について、まだあまり深く考えていないという事もありますよね。その場合は自分のスケジュールで無理なく通えるインターンを探してみてはいかがでしょう。全ての企業は何らかの商品やサービスを世の中に提供しています。なんとなく親近感があったり興味を覚えたりといった程度でも、インターン先を絞るのには役立ちます。
さらにまとまった期間通う必要があるので、参加しやすい(=家から通える)ところでも条件を絞ることをおすすめします。その際に交通費などの補助が出るのかも確認しましょう。

インターンについてまとめ

インターンとは、実際に企業の中で活動することです。いくら業界本を読んだりして就職活動研究をしているつもりになっても、働く現場の事は実感しにくいでしょう。インターンに参加することで企業の社員に直に触れ、同世代と一緒に活動する事で、職場の雰囲気を疑似体験できます。就活にも有利に働くことが多いようです。
特に「自分が将来何をしたいのかわからない」という方は、積極的にインターンに参加してみましょう。思わぬ仕事や業界が性に合っていたりするかもしれませんよ。

この記事をシェア!