【ぼくらの学生生活(秋田編)】地方の一人暮らしってホントに生活費安いの?大学生に色々聞いてみた

秋田の大学生の家賃はどのくらいが相場?間取りは?



「個人的に、秋田だと(大学生なら)家賃の相場は3.5〜4万円くらいかなって感じなんだけど、さんごの家賃は結構安いよね。」



「うん、そうだね。」



「新井くんはシェアしてるので半分の3万円。まっきーも5万円は高めだけど、そこまでめっちゃ高いというわけでもない・・・」


話をまとめてくれるぐっち。寝ているわけではない。



「うんうん、大体4万円前後くらいが平均っぽいね。
ちなみにみんな部屋の間取りとか広さってどんな感じ?1Kとか1LDKとか。」



「私は1K、8畳です。」



「1K?かな。たぶん8畳だと思う。」



「僕は2LDKですね。自分の部屋が8畳あって、友達の部屋が6畳。リビングが10畳って感じです。」



「あーいいなぁ〜〜〜〜!!!」

「遊び」のお金って何に使ってるの?




「なるほどなるほど、面白いね。

あと3人に聞きたいのが、みんな「遊び」ってどんなのが含まれてる?飲み代とか食費とは別の枠で書いてくれてると思うんだけど。」



「んー・・・私はあまり遊びに行かないっていうか。最近はキッチンの環境を整えたくて(買い物をして)。それを遊びに入れました。」



「私は友達と遠くに遊びに行くとか、それは交通費に含めているので。
遊びは友達のプレゼント用とか。」



「ポイント稼ぎにいくやつだね!」



「そう、人間としての評価を上げに(キラッ」



「(笑)」


目を輝かせるまっきーとあたたかく見守る二人

車を持っていると行動の自由度が一気に上がる



「僕は結構車で遠出するので、そのときのガソリン代ですかね。
普段学校行くときのガソリン代が(交通費の)15000円くらいで、遊びの中の5000円ぐらいが山形行ったり岩手行ったりのガソリン代という感じです。

で、んー何したかな・・・
山形行って「ぶどう狩り」とか?」



「おぉーーーーーー!!!!」



「あとは温泉行ったり、岩手で鍾乳洞見に行ったりもしました。
そういう自然見たり遠出したりとかが多いかな?

AIUは(大学が街中から外れたところにあって)閉塞されてるんで(笑)。そういうのを週末にやるの大事かな〜と思ってて。それでそういうのにお金を使おうかなって感じです。」




「へー、なんかいいね!お金の使い方が!」



「うん、アクティブ。温泉いいなぁ〜〜。」

大学生の生活費の話を聞いてみて


いかがでしたか?

今回は秋田県内の大学に通う4人の学生に、主に「毎月生活するのにどのくらいお金かかるの?」といったあたりの話をしてもらいました。

個人的には「東北の学生なら生活費はこのくらいかな・・・?」という感じでそこまで大きな驚きはなかったのですが、どうでしょうか。

同じ地方でも「へー秋田はそうなのか〜」と思う方も少なくないかもしれませんね。

次回予告!

さて、ここまでは生活費、主に「支出」に関する話をしてもらったわけですが、実はまだまだこれは序盤戦でここからが本番。後編では大学生活において超超重要であろう

「収入(バイト)」

に関する話題を中心に、引き続き4人の会話の様子をお届けします。

学生なら誰もが気になる地方のバイト事情奨学金の使い道、お金に関わる秋田ならではの「あるある話」まで、赤裸々に語ってくれました。


生活費が安いかどうかで言えば、おそらくは安い秋田県。

ただ、それが生活のしやすさに繋がっているかはまた別の話。使えるお金そのものが少なければ生活コストが低いとは言えないし、それは収入源が確保しづらい学生ならなおさら。地方ならではの不便さも当然あります。

後編の話の最後には「地方の学生生活はおすすめ?」「秋田なら一人暮らしはした方が良い?」といったあたりに関する率直な声も聞くことができました。秋田で大学生活を送っている方、地方の大学進学を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

そんな感じで、次回もお楽しみに。

今回はこのへんで、ではではー!

この記事をシェア!

この記事をかいた人

カマダダイスケ

フリーランスWeb屋。秋田県出身在住。よく働くタイプのニート。地元秋田でローカルメディア「CLOCKNOTE」運営中。ゆるくてかわいいフリー素材サイト「ぴよたそ」もどうぞよろしく。ただのおばけですよ。