京都府の学生の街!住むならどこ? 家賃相場とおすすめエリア

親元を離れて学生がひとり暮らしをするのは不安がいっぱい。特に気になるのは部屋選び。知らない街でどんなところに住めばいいの? 家賃はどれくらいかかるの?

今回は多くの大学があり学生の街としても有名な、京都でひとり暮らしするための家賃の相場を調べてみました。

京都の一人暮らし家賃相場は?

京都で学生がひとり暮らしをするには、家賃はどれくらいかかるのでしょうか。学生に多い1Kの間取りだと、家賃の相場は4万5千円~6万円の間と地域によって大きく差があるようです。

京都の特徴は、市街地がコンパクトで坂が少ない平坦な街であること。そのため、自転車が学生の必須アイテムになります。電車網も発達していますが、自転車があれば20分くらいで市街地の大部分の場所に行けます。

京都の一人暮らしおすすめエリア

京都市の中で中心部からそれほど遠くなく、各大学へのアクセスや家賃の安さなども考えて、学生に住みやすいエリアをピックアップしてみました。

■左京区高野川沿いエリア

京都の中心部から東側のエリアです。京都大学、京都造形大学が近く、周辺には京都工繊大、京都府立大、京都精華大、同志社大などもあり、学生の多く住んでいる街です。飲食店なども多く学生に住みやすい街で、中心部の四条方面へは自転車で20分ほど。京都の学生生活といえば定番の鴨川河川敷が近いのもおすすめポイントです。

叡山電鉄に沿って郊外へ行くほど家賃が安くなる傾向があり、探せば4万円以下の掘り出し物物件もあります。家賃を安く抑えたい人には特におすすめのエリアです。

△叡山電鉄本線

出町柳 5~6万
元田中 4.5~6万
茶山 4.5~5万
一乗寺 4.5~5万

■北区北山エリア

金閣寺、大徳寺、北野天満宮などお寺や神社の多いエリアです。外国人観光客も多いですが、低層住宅が多いエリアなので喧噪は少なく、京都らしい閑静な雰囲気を味わえます。大谷大学、仏教大学などの仏教系の大学の他、立命館大学もこのエリアの大学で、同志社大、京産大への通学も便利です。

特におすすめは地下鉄烏丸線の北大路駅周辺。電車やバスが通っていて移動が便利で、鴨川も近くにあります。駅に隣接して商業施設があるので買い物も便利です。

京福電鉄北野線沿線は立命館大学に近いエリアです。北野白梅町駅前はスーパーや飲食店も多くあります。中心部へは電車よりもバス、または自転車を使うことをおすすめします。

△地下鉄烏丸線

北大路 4.5~5.5万

△京福電鉄北野線

北野白梅町 4~5万
等持院 4~4.5万
龍安寺 4~4.5万

■伏見エリア

南側の伏見エリアもおすすめです。京都教育大学や龍谷大学がこのエリアの大学になります。藤森駅、深草駅周辺は学生が多く住んでおり、スーパーマーケットや飲食店も充実しており、学生が生活しやすい街になっています。

京都の中心部からはやや離れていますが、京阪本線が利用できるので深草駅から祇園四条駅へ10分と不便さはありません。

△京阪本線

深草 4~5万
藤森 4~4.5万
墨染 4~5万
丹波橋 4~4.5万

京都での一人暮らしは自分のスタイルに合った街で

京都は学生の多い街で、中心部に近いところに学生の住みやすい街がたくさんあります。大学からの距離も大事ですが、移動しやすい街なので少し離れたところでも大丈夫。自分のスタイルに合ったところを納得行くまで探してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア!