1年で最も狙いめな物件探しを始めるタイミングは? おすすめな引っ越し時期を調査!

たくさんの人が新生活を始める2月〜4月は物件探しや引越しが1年で最もにぎわうとき。裏を返せば完全な売り手市場です。不動産屋も引越し業者もめちゃくちゃ忙しくて、値下げ交渉も難しい時です。

では、1年のうちで物件探しや引越しがお得な時期はいつなのでしょう? お得に引っ越しができる時期調べてみました。

おすすめ時期その1:実はいい物件が出る9月~10月

<おすすめの理由>

・転勤などで物件に動きが出る
・繁忙期まで時間がある
・連休は出かける人が多く引っ越しする人が少ない(料金が安い)

実は4月の次に人の移動が多くなるのがこの時期。社会人はこの時期の転勤があるので、物件に動きが出てきます。また、3月に卒業を控えた大学生が退去予定で半年だけ契約を延ばしてもらうケースなどもあり、そういう物件もこの頃から出てきます。

いろんな物件が出やすいので物件探しが楽しい時期です。そして、年明けからの繁忙期にはまだ少し時間があるので「早く決まるなら」ということで少し有利な条件で借りられる可能性もあります。

この傾向は11月くらいまで続くようです。引越しも安い時期です。秋は3連休が多く行楽シーズンなので、多くの人が旅行に行って引越し屋はヒマになります。ゆっくり探して安く引っ越すならこの時期です。

おすすめ時期その2:落ち着いて部屋探しができる4月後半から5月

<おすすめの理由>

・退去済み物件をゆっくり内見できる
・家賃の値引き交渉も?
・天気が安定している
・引っ越しする人が少ない(料金が安い)

春の引越しシーズンが終わった4月後半から5月くらいも穴場です。3月までだと「退去予定」の物件が多く内見できないことも多いのですが、この時期ならじっくり内見をして気に入った部屋を選ぶことができます。

また、繁忙期が終わって買い手市場に切り替わっているので、家賃の値引きなど有利な条件を引き出すことができるかもしれません。とはいえ、3月までに入居が決まらなかった売れ残り物件とも言えるので、気に入った物件が見つかるとは限りません。それでも、じっくり時間をかけて探せば掘り出し物が見つかることもあるでしょう。

ここから8月くらいまで不動産屋は閑散期に入っていき、よい物件もどんどん減っていきます。ただし、その分、値引き交渉のチャンスがあると考えることもできます。5月から6月は梅雨に入る前で天候も安定しており、引越しにはいいシーズンです。しかも、行楽シーズンなので引越しする人は意外と少なく値段もお手頃です。特にゴールデンウィーク中は安いようです。

おすすめ時期その3:電撃作戦でいい部屋をゲットする12月~1月

<おすすめの理由>

・繫忙期前にいい部屋を探せる
・一年で最も物件数が多い

年が明けた頃から推薦入学が決まった新入生の物件探しが始まり、不動産屋は繁忙期に入ります。繁忙期に入る直前に優良物件をかっさらってしまおうという作戦もありかもしれません。

この時期は1年で物件が一番多い時期なので、いい物件もたくさんあります。ただし、部屋を探している人も多いだけあり、すぐに決めるた方がよいとプレッシャーがかかりやすくもあります。

そして、3月退去予定で内見不可の物件も多いです。引越しも3月になる前ならそれほど混んではいません。なかなかテクニックがいる時期ではありますが、優良物件が多く出る時期なので狙ってみるのもいいかもしれません。

部屋探しは一期一会。自分が住む家ですから納得するいい部屋を見つけたいものですよね。それには時期も大切です。参考にしてみてください。

この記事をシェア!