名古屋市立大学の学生一人暮らし、家賃相場とおすすめエリア

親元を離れて学生がひとり暮らしをするのは不安がいっぱい。特に気になるのは部屋選び。知らない街でどんなところに住めばいいの?家賃はどれくらいかかるの?今回は名古屋市立大学の学生さんを例にとって、名古屋でひとり暮らしするための家賃の相場を調べてみました。

名古屋の一人暮らし家賃相場は?

名古屋で学生がひとり暮らしをするには、家賃はどれくらいかかるのでしょうか。学生に多い1Kの間取りだと、家賃の相場はだいたい5万円を挟んで4万円~6万円の間のようです。

もちろん、栄や伏見といった中心部になるとワンルームでも6万円以上がざらになってきます。しかし、名古屋の大学の多くは中心部からやや離れた郊外にキャンパスを構えているので、周辺の家賃はそこまで高くありません。そして、地下鉄網が充実しているので、大学周辺から中心へのアクセスがよいのが名古屋のいいところです。比較的家賃の安い大学近くで、中心部へ行くのも便利な場所を狙ってみましょう。

名古屋市立大学キャンパス別おすすめエリア

名古屋市立大学は瑞穂区と千種区に4つのキャンパスがあり、学部によってキャンパスが異なっています。キャンパス別のおすすめエリアと家賃相場を見てみましょう。

■桜山キャンパス、滝子キャンパス(地下鉄桜通線・鶴舞線)

☆桜通線
吹上 5~5.5万円
御器所 5~5.5万円
桜山 4.5 ~5.5万円
瑞穂区役所 4.5~5.5万円
瑞穂運動場西 4.5~5.5万円
新瑞穂 5~5.5万円

☆鶴舞線
荒畑 5~5.5万円
御器所 5~5.5万円(桜通線乗換え)
川名 4.5~5万円

医学部、看護学部がある桜山キャンパス、経済学部、人文社会学部がある滝子キャンパスはどちらも地下鉄桜通線の桜山駅が最寄り駅になります。大学周辺は学生向けのアパートも多くあり、家賃も5万円程度と周辺に比べてリーズナブルです。名古屋駅へは桜通線直通で20分程度と、名古屋の中心部へバイトや買い物、遊びに行くにも便利なところです。

鶴舞線沿線も御器所駅で桜通線に乗換えられるので通学に便利です。バイクや自転車があれば地下鉄を使わなくても通えるエリアがあります。鶴舞線は丸の内、伏見などのオフィス街へ直通なので、家賃がやや高めになっているようです。

■田辺通りキャンパス(地下鉄桜通線・名城線)

☆名城線
新瑞穂 5~5.5万円
瑞穂運動場東 4.5~5.5万円
総合リハビリセンター 4~5万円
八事 3.5~4.5万円
八事日赤 3.5~4.5万円

薬学部がある田辺通りキャンパスは桜通線の瑞穂区役所駅が最寄り駅になります。桜通線沿線の家賃相場は、桜山・滝子キャンパスの欄の通りです。
キャンパスを挟んで反対側の名城線・総合リハビリセンター駅も最寄り駅です。名城線は名古屋市をぐるっと囲む環状線で、1回乗換えれば名古屋のほとんどのところへ行けます。中心部へも20~30分程度です。
名城線沿線エリアの方が桜通線沿線エリアより、若干、相場が安い傾向にありそうです。

■北千種キャンパス(地下鉄名城線)

茶屋ヶ坂 4.5~5.5万円
砂田橋 4.5~5.5万円
ナゴヤドーム前矢田 4.5~5.5万円

芸術工学部がある北千種キャンパスは、他の学部のキャンパスから離れて千種区にあります。最寄り駅は、地下鉄名城線の砂田橋駅になります。田辺通りキャンパスのところでも触れましたが、名城線は環状線で意外と便利。中心部の栄駅までは直通で、約15分で行けます。

名古屋での一人暮らしのポイントは日常と非日常のメリハリ

名古屋市立大学のキャンパスは名古屋の中心地から少し外れたところにあり、大学周辺の家賃は中心部よりやや安めなのが特徴です。大学周辺の日常生活エリアと遊びや買い物に利用する中心部の非日常エリアを賢く行き来するのがポイントになりそうです。

この記事をシェア!