西南学院大学の学生で一人暮らしするなら?福岡の家賃相場とおすすめエリア

学生がひとり暮らしをするのは不安がいっぱい。特に気になるのは部屋選びです。知らない街でどんなところに住めばいいの?家賃はどれくらいかかるの?今回は西南学院大学の学生を例にとって、福岡でひとり暮らしするための家賃の相場を調べてみました。

福岡の一人暮らし家賃相場は?

福岡で学生がひとり暮らしをするには、家賃はどれくらいかかるのでしょうか。学生の多いワンルーム~1DKの間取りだと、家賃相場は3万円~5.5万円くらいのようです。家賃の幅の開きが大きいですが、エリアによって家賃相場が大きく異なるのが福岡の特徴です。

博多・天神といった中心部の人気エリアは家賃が高めですが、少し離れると家賃が下がってきます。

福岡の大学はどこも中心から4~5キロ離れた郊外にキャンパスを構えているので、周辺の家賃はそれほど高くありません。福岡は街全体がコンパクトで中心部と郊外が近く、地下鉄も利用できるので、大学のある郊外と商業施設の集まった中心部の移動もスムーズにできます。

地下鉄を利用して大学へも中心部へも行くのが便利で、なおかつ家賃がお得なところを狙ってみましょう。

西南学院大学:路線別おすすめエリア

■福岡市地下鉄(1号線)/空港線

藤崎 3.5~4.5万円
西新 3.5~4.5万円
唐人町 3.5~4.5万円
大濠公園4~5.5万円

西南学院大学は早良区の西新にあります。「サザエさん発案の地」とされるサザエさん通りがあり、商店街が充実していて普段の生活には便利です。福岡タワーがあるシーサイドももち海浜公園や福岡城跡の大濠公園へも徒歩圏内という住環境のよいところです。

最寄り駅は、地下鉄空港線の西新駅。空港線は福岡市を東西に横切る幹線地下鉄で、中心部の地下鉄天神駅まで8分ほどで行けます。大学の近くに住んで、遊びやバイト、買い物などの際には中心部へ出かける、という戦略がよさそうです。家賃は中心部から離れるほど安くなる傾向があります。

■福岡市地下鉄七隈線(3号線)

別府 3.5~4万円
六本松 3.5~4.5万円

大学から少し離れた大濠公園の南側のエリアも住みやすい環境です。最寄り駅は地下鉄七隈線の六本松駅、別府駅の辺り。七隈線は福岡の中心部から南側に延びた地下鉄で、六本松駅から中心部の天神南駅までは8分と便利です。家賃も空港線の西新あたりと比べると少し安くなる傾向があるようです。

大学からはおよそ2.5kmと距離があり、通学に少し時間がかかりますが、バイクや自転車などがあればまったく気になりません。大学周辺は学生にとって便利なので、うっかりしていると狭いエリアだけで暮らしていってしまいます。自分の行動範囲を広げるつもりで、少し大学から離れたところに住むのも選択肢のひとつかもしれません。

福岡は大都市のわりにはコンパクトにまとまった街なので、中心部から少しだけ離れると家賃が安く暮らしやすい場所が見つかりそうです。地下鉄を上手く利用して、大学にも中心部へも近く家賃もお得なところを見つけるのがポイントです。

この記事をシェア!