九州大学の学生一人暮らし、福岡の家賃相場とおすすめエリア

親元を離れて学生がひとり暮らしをするのは不安がいっぱい。特に気になるのは部屋選び。知らない街でどんなところに住めばいいの?家賃はどれくらいかかるの?
今回は九州大学の学生を例にとって、福岡でひとり暮らしするための家賃の相場を調べてみました。

福岡の一人暮らし家賃相場は?

福岡で学生がひとり暮らしをするには、家賃はどれくらいかかるのでしょうか。学生の多くが住むワンルーム~1DKの間取りだと、家賃相場は3万円~5.5万円くらいのようです。家賃の幅の開きが大きいですが、エリアによって家賃相場が大きく異なるのが福岡の特徴です。

博多・天神といった中心部の人気エリアは家賃が高めですが、少し離れると家賃が下がってきます。福岡の大学はどこも中心から4~5キロ離れた郊外にキャンパスを構えているので、周辺の家賃はそれほど高くありません。
福岡は街全体がコンパクトで中心部と郊外が近く、地下鉄も利用できるので、大学のある郊外と商業施設の集まった中心部の移動もスムーズにできます。地下鉄を利用して大学へも中心部へも行くのが便利で、なおかつ家賃がお得なところを狙ってみましょう。

九州大学 キャンパス別おすすめエリア

■箱崎キャンパス(地下鉄箱崎線)

馬出九大病院前 4~4.5万円
箱崎宮前 3.5~4.5万円
箱崎九大前 3.5~4.5万円
貝塚 3~4万円

九州大学にはいくつかのキャンパスがありますが、文系学部と農学部があるメインのキャンパスが箱崎です。大学病院と医・歯・薬学部がある馬出キャンパスも近くにあります。
地下鉄箱崎線(福岡市地下鉄2号線)は中心部を走る空港線への直通も多くあり、箱崎九大前駅から中心部の地下鉄天神駅まで10分ほどの近さ。大学が近く、バイトや遊びで中心部に出掛けるにも便利です。

■大橋キャンパス(西鉄天神大牟田線)

高宮 4~5万円
大橋 3.5~5万円
井尻 3.5~4万円

芸術工学部のある大橋キャンパスは西鉄の大橋駅が最寄り駅です。
大都市らしくない郊外型の街に感じるかもしれませんが、日常生活には十分便利。天神にある西鉄福岡駅まで電車で約10分と近いので、いつでも博多の中心部に買い物に出掛けられます。

■伊都キャンパス(JR筑肥線)

九大学研都市 4~5万円
周船寺 3.5~4.5万円

工学部、理学部があるのが西区にある伊都キャンパスです。中心部から最寄り駅の九大学研都市駅まで約15キロ、駅からキャンパスまで約5キロという自然豊かな立地にあります。
公共交通機関が発達していないエリアなので、通学や日常生活のためにバイクや原付などを用意した方がよさそうです。市内へ行くときも、鉄道よりキャンパス直通の路線バスを使った方が便利かもしれません。

西区にある伊都キャンパスは2005年に大学の移転が始まった新しいエリアなので、街自体が発展途上で賃貸アパートも不足気味。そのため、中心から離れている割には家賃が高い傾向にあります。これからの発展に期待もできますが、2019年には文系学部を含め箱崎キャンパスの機能がすべて伊都キャンパスへ移転してくるので、さらなる混雑も予想されます。バイク通学という前提で、大学から離れた好きなところに住んでしまうのもおもしろいかもしれません。

福岡は大都市のわりにはコンパクトにまとまった街なので、地下鉄を上手く利用して家賃がお得で、大学にも中心部へも近いところを見つけるのがポイントです。ただし、これから進学する人にとっては、キャンパス移転問題は大事なポイントになります。自分のライフスタイルに合わせて、賢く部屋を選ぶのが大切になるでしょう。

この記事をシェア!