賃貸契約に必要な一人暮らしの初期費用の平均は? 家具・家電・生活費の合計金額

一人暮らしの引越し費用はいくら? 《平均3万円》が目安

実家やよそから荷物を送る「引越し費用」も初期費用に含まれますよね。

引越し業者に依頼した場合、大学生の引越し平均費用は3万円程です。ただし、これは荷物が少ないことが前提。距離が遠かったり、荷物が多かったりする場合、7~8万円かかることもあります。また、引っ越し費用はシーズンによっても大幅に変わるため、引っ越し件数が最も多い2月後半〜4月前半は料金が高くなります。一方で引っ越しが落ち着く4月後半~夏にかけては安くなる傾向にあります。

もし可能であれば、友人にバイト代を払ってレンタカーでの引っ越しを検討してもいいかもしれませんね。友達に1万円払って、レンタカー5000円払ってもその方が安いですよ。

家具・家電を揃える費用は《12万円》が目安

pixta_6816868_M

新生活となると、家具・家電も揃える必要があります。最低限揃えておくべきものは以下の通りです。

(1)ベッド:約1万円〜2万円
布団よりもベッドで寝たいという人も多いのではないでしょうか。ベッドに掛かる費用は安いもので、約1万円〜2万円ほどです。ベッドの下に収納ができるタイプのものであれば、スペースを有効活用できるため、一人暮らしにはおすすめです。また、ロフトベッドというベッド部分が上にあり、下にはPCデスクや収納スペース、ソファなどが設置できるタイプのものがあります。価格は通常のベッドよりも少し高めの2万円~5万円ほどです。個人的にはデザイン観点でなしですが、一度試してみるといいでしょう。

(2)カーペット:約5千円〜1万円(6畳部屋のサイズの場合)
冷たいフローリングではなく、家にいるときは暖かいカーペットでゴロゴロ過ごしたいですよね。6畳程度の部屋であれば、約260cm×約350cmのサイズのカーペットがフィットしやすく、価格は約5千円~1万円程度が相場です。

(3)カーテン:約2千円〜5千円
プライバシーを守るため、窓につけるカーテンを購入するのは必須です。一般的なカーテンはドレープカーテンとよばれ、安いもので約2千円~5千円で購入できます。また、ドレープカーテンにはセットでレースカーテンを取り付けるのが一般的です。

通常のカーテンを閉めていると外から光が入ってきませんが、レースカーテンを取り付けることで、部屋の中が外から見えない状態で、外から光を入れることができます。レースカーテンは安いもので千円~5千円で購入できます。

また、ドレープカーテン以外にも、ブラインドタイプやロールタイプのものがあります。ブラインドタイプのものは安いもので6千円~1万円程度、ロールタイプのもので、3千円〜1万円程度です。

【機能別に解説】覚えておきたいカーテンの種類と選び方

2017.07.11

(4)テーブル:約3千円~5千円
大学生の1人暮らしだと、大きなテーブルは要らなくても勉強や食事をするためのテーブルが必要になってきます。

一人暮らしであれば、座卓タイプのテーブルで十分です。6畳の部屋には1m×50cmのものがフィットし、約3千円〜5千円で購入できます。折りたたみ式であれば、少し価格は上がりますが、7千円程度で購入できます。

(5)冷蔵庫:約2万円
生活の必需品ともいえる家電が冷蔵庫。一人暮らしの場合は大きすぎると電気代がかさんでしまうため、200L以下のコンパクトなものを選びましょう。コンパクトな冷蔵庫は約3万円で購入できます。

(6)洗濯機:約2万円
一人暮らしをはじめると、洗濯も自分で行なわなくてはいけません。週に一度使うとしても、何年も使うものですから、洗濯機は長持ちしそうなものを選びましょう。

洗濯機は主にタテ型やドラム式に分けられます。おすすめはコストパフォーマンスの良いタテ型です。縦型はドラム式と比較し、洗浄力が高い、洗濯物の生地が傷みにくい、値段が安いなどのメリットがあり、安いもので3万円〜5万円程度です。ドラム式は水道代が節約できるというメリットがあり、安いもので5万円程度です。

(7)電子レンジ:約5千円
一人暮らしをはじめたら電子レンジに頼る機会が増えていきます。一人暮らしの食生活の味方である電子レンジは、解凍や温めなど最低限の機能が付いた、ダイヤル式の電子レンジなら5千円で購入できます。

自炊を積極的にする場合は、オーブン機能が付いたものがおすすめです。トースターやお菓子作りにも適したオーブン式のレンジは、安いもので1万円程度です。

(8)炊飯器:約5千円〜1万円
日本人の主食ご飯を炊くために欠かせないアイテムの炊飯器。一人暮らしをはじめると、毎日外食するわけにもいかないため、上手な自炊が重要。毎日のお供となるのが、一人暮らしサイズの炊飯器。通常は2〜3合炊きサイズで、約5千円~1万円かかります。

(9)照明:約5千円
引っ越しをするとき、天井のライトはついていません。なので自分で揃える必要がありますが、蛍光灯も安くて5千円はしますね。

(10)テレビ:約3万円
テレビは買わなくても問題ありませんが、憧れの新生活にテレビがないなんて..レオパレス21のCMが見れなくなりますからね。テレビは安いものでだいたい3万円程度で購入できます。

(11)ドライヤー:約3千円
ドライヤーなしの生活なんてできません。これは安くて3千円。5千円くらいのものであれば、満足の質になると思います。

(12)アイロン:約3千円
アイロンも学生に必須かはわかりませんが、欲しい人は買いましょう。

(13)調理器具:約1万円
鍋やフライパン、食器など最低限のものを揃えるとこれくらいの金額になりますね。

(14)雑費:約1万円
その他、生活を始めるときに水まわりや生活に必要なものを揃えると、だいたい1万円はかかります。

ここまで紹介したものをまとめるとこのようになります。

《家具家電チェック&金額確認リスト》

(1)ベッド:約1万円〜2万円
(2)カーペット:約5千円〜1万円
(3)カーテン:約2千円〜5千円
(4)テーブル:約3千円〜5千円
(5)冷蔵庫:約2万円
(6)洗濯機:約3万円
(7)電子レンジ:約5千円
(8)炊飯器:約5千円〜1万円
(9)照明:約5千円
(10)テレビ:約3万円
(11)ドライヤー:約3千円
(12)アイロン:約3千円
(13)調理器具:約1万円
(14)雑費:約1万円

合計:約12万円

もちろんここから私は不要ってものを引けば金額は減りますし、実家から持っていけるものがあるかもしれません。ですが、基本的にはこれくらいの費用がかかるという認識を持っておきましょう!

次のページでは最後、全てにかかる初期費用の総額がわかります! 総額は何とXX万円! ひええ。そして初期費用を節約するヒントもたっぷり紹介します。ぜひ最後までお読みください。

この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し