賃貸契約に必要な一人暮らしの初期費用の平均は? 家具・家電・生活費の合計金額

進学や就職をきっかけに、初めて一人暮らしを決めた人も多いのではないでしょうか。ただ一人暮らしを始めるとなると、いやでも考慮しなければいけないものがあります、それが、引っ越しと新生活スタートにかかる費用です。

月々の家賃だけならまだしも、部屋を借りる初月には必ず初期費用がかかります。さらには日常生活で必要な家具や家電も揃えなければなりません。この初期費用と家具や家電にかかる費用、一体いくらかかるものなのか気になりますよね?

そこで今回は、大学新入生が一人暮らしを始めるときに、どのくらい費用がかかるのかをまとめてみました。

一人暮らしの物件に住むためにかかる初期費用はいくら?

pixta_17090081_M

一人暮らしの物件に住むためにかかる初期費用は、だいたいどれくらいがご存知ですか? 一人暮らしをする学生を対象に編集部でリサーチしたところ、気になる初期費用は、平均で「50〜60万円」でした。高校生までの金銭感覚では、ちょっと金額が大きすぎてびっくりしてしまうかもしれません。

50万円もかかる初期費用とは、具体的に何を指すのでしょうか? 以下、詳しく内訳を見ていきましょう。

敷金・礼金・仲介手数料など《家賃5ヶ月分》が目安

pixta_19503529_M

不動産会社等で希望の部屋が見つかり、住む部屋が決まった後はどんな手続きが必要なのでしょうか。

一般的にほとんどの物件では入居が決まり、契約書を交わした後、大家さんに対して敷金、礼金という料金を支払う必要があります。それらの料金を支払った後に、ようやく入居になります。

その金額はだいたい「家賃1ヶ月分」など、家賃に応じて変動するものですが、一人暮らしで住む物件をだいたい1Rで家賃5万-6万円程度だとしても、初期費用にだいたい20万円~36万円程度かかる計算になります。

物件を借りる時の費用

(1)敷金=1ヶ月分
敷金は大家さんに修繕費用や家賃滞納などに当てる費用などの目的で預けるお金です。一般的に家賃の1ヶ月分を支払います。

敷金なし物件も増えてきましたが、これは「退去時に返してもらえる費用」です。退去時に部屋の状態が悪かったり、何らかの損傷が発生していない場合は全額戻ってくることもあるので、丁寧に確認しましょう。払っておいても損はありませんよ。

(2)礼金=1ヶ月分
大家さんに謝意を込めて支払うお金です。こちらも一般的に家賃の1ヶ月分を支払います。

最近は礼金なしの物件も増えてきました。というのも、敷金とは違い「大家さんに支払いきりで戻ってこない費用」なので、入居者があまり支払いたくないというケースが増えており、大家さんも礼金は取らないようになってきたようです。ただ、大家さんも管理している会社も人間です。感謝の気持ちを込めて礼金を払った入居者には、支払っていない入居者よりもサポートが丁寧になったり、人間的な付き合いがしやすくなるなんてこともあるようです。

(3)仲介手数料=1ヶ月分
お客様・大家さんから不動産業者が手数料として貰い受けるお金です。こちらも、一般的に家賃の1ヶ月分を支払います。

不動産屋の仕組みは「物件を持っている大家さん」の代わりに物件の掃除や入居の手続きをする「管理会社」がいて、その物件をお客さんに紹介する「仲介会社」がいるのです。仲介会社とはつまり町の不動産屋ですね。私たちは大家さんを探し出したりする手間を省く代わりに紹介会社から多くの物件を見つけてもらい、紹介してもらう費用がかかるというわけです。

(4)家賃保証&保険=0.5ヶ月分+数万円
保証会社への料金や火災保険代がかかります。いずれも2年ぶんを最初に支払うことになり、初月は保証会社が家賃1ヶ月分程度、火災保険が2万円程度かかります。

(5)前家賃=1ヶ月分
前家賃として、入居後1ヶ月程度の家賃を前払いするのも通例となっています。その後1ヶ月は支払いが不要になるわけですが、引っ越しのための貯金で見過ごしがちなので、気をつけましょう。

上記の金額はあくまで目安です。
敷金礼金などは、物件ごとに指定されている金額がありますので、事前に必ずチェックするようにしましょう。
一般的には、(1)~(5)までで家賃の約5ヶ月分の金額がかかることになりますね!

つまり1Rで家賃6万円の物件であれば、30万円以上の初期費用がかかるということになるのです。

初期費用はけっこうかさみますから、敷金礼金や家賃の金額は気をつけて計算しましょう。

次のページでは、引っ越し費用・家具家電を揃える時にかかる金額を計算してみました! 初期費用と合わせたら何とXX万円以上…引っ越すのやめようかな…。

この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し