デートでお金も愛も貯まる? カップルで出来る貯金・節約方法6つ




カップルのみなさん、デート代は、誰がどのように払っていますか? 割り勘? 彼氏? 彼女? その日によって?

さまざまなカタチがあるデート代の支払いですが、安く抑えられるのに越したことはないですよね。今回は2人で楽しく仲良く、節約や貯金をする方法について紹介していきます。せっかくの楽しいデート、お金のことでお互いがイヤな思いをしないように。さらに、もっと二人が仲良くなれる方法を見つけましょう!

共通財布を作る

月に何度もデートを重ねると、一体どちらがどれだけ払ったのか分からなくなってしまったり、支出が予想以上に多くなったりしていませんか?

そんな悩みを解決してくれるのが、「2人共通のデート代財布」です。お財布にお金を入れておき、そのお金でデート代を支払う方法です。お金を入れる頻度は月に1回入れるのがおすすめ。お財布に入れる金額はカップルによりますがですが、共通財布を持つことで、1回のデートでいくら使っているかを把握でき、使いすぎ防止にも役立ちます。

月1回入れる方法なら、「この前のデートはたくさん使っちゃったから、今回はお金のかからないデートにしよう!」など、1ヶ月を通して支出のバランスをとることも可能です。お互いに毎月デート代でいくら使うかが可視化できるので、他の支出とのバランスも調整しやすいですね。

デートに向けて毎日決まった額をお互い貯める

共通のデート財布のように、まとまった金額が出て行ってしまうのは辛い!という方には、デートに向けての「こつこつ貯金」がおすすめです。

例えば、毎日300円と決めて貯金箱などに入れていきます。デートの間隔が10日に一度だとすると、「300円×10日=3000円」。次のデートまでに3,000円貯まる計算です。2人合わせて6,000円が次のデート費用になるということです。「ちゃんと貯金した?」と確認のコミュニケーションも、日々の楽しみになるかもしれません。次のデートの内容や、その時のお財布の状況次第で、貯金額を臨機応変に変えてみるのも良いですね。

ご飯やおやつをシェア

デート代で大きな割合を占めるのが「食費」だと感じている人も多いはず。外食は何かと高くつくから、節約したい!とお考えの方は、食べ物をシェアしてみてはいかがでしょうか。

例えば、お土産でもらったお菓子を食べきれない、実家から送られてきた野菜や米がたくさんある、ものすごい安売りをしているお肉を見つけて買ってしまった、お菓子を作りすぎてしまった、などなど、食料が余ってしまうのを、経験したことがある人は多いのでは?そんなときは、2人でレッツシェア! 外に持ち出してピクニックのように公園で食べてもよし、おうちで一緒に調理するのもよし。そのシェアをイベントにしてしまうと、より一層楽しくなるかもしれませんね。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し