「青春18きっぷ」で旅行の値段が安くなる? 夏休みも楽しみながら節約!

夏休み。旅行や帰省などでJRを利用する人も多いと思います。そこで役立つのが「青春18きっぷ」。

ただ、名前は聞いたことあるけど、実際にどうやったら使うことができるのか?など、知らないことが多くて不安な人もいるでしょう。そもそも「青春18きっぷ」とは何か? 使い方はどうするか? など、今まで使ったことがない人向けに丁寧に整理してみました。

年齢制限はありません! 期間限定でJR普通車自由席乗り放題

「いつでもどの電車にも使えるの?」
⇒利用時期は決まっていて、JRの普通車のみです。

「青春18きっぷ」を一言で言うと、JRが発売している普通車自由席乗り放題の切符です。販売&利用期間は、基本的に、春・夏・冬のシーズンのみです。

<販売期間>
2017年の夏の場合、7月1日~8月いっぱい

<利用期間>
2017年7月20日~9月10日

<対象となる鉄道路線>
基本JRのみ

私鉄など他鉄道路線では利用できません。また、通常の乗車券とは違うので、特急券や指定券を買い足しして新幹線などに乗る、といったこともできません。
※一部例外もありますので、詳細はホームページなどでご確認ください
http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2312

「 青春18きっぷは18歳までしか使えないの?」
⇒年齢関係なく、誰でも自由に使えます。

・名前は「青春18きっぷ」だが、年齢関係なく老若男女誰でも利用できる
・購入時に身分証提示など求められることもなく、発売期間中にJRの窓口に行けば購入できる

「 青春18きっぷはどうやって使うの?」
⇒その日初乗車の際、駅員さんに日付を記入してもらいます。

・有人改札の駅員さん(無人駅の場合は初乗車の車掌さん)から、きっぷに日付を記入してもらう
・その日のうちであれば乗り放題(普通車自由席)になり、従来の正規運賃がいくらかに関わらず「青春18きっぷ」のみでどこまでも行ける
・途中の改札内外の出入りも、きっぷを見せるだけでOK

実際どれくらいオトクなの?

「青春18きっぷ」の値段は?

5回分/11,850円(1回分/2,370円)
※5回分の使い方については、後ほどご説明します。

例えばこんなときにお得

◆福島~仙台間、大宮~宇都宮間など
通常…往復 2,634円(片道1,317円)
青春18きっぷ1回分…2,370円

☆往復するなら、青春18きっぷが264円お得

◆東京~静岡間、名古屋~大阪間、新潟~山形間など
通常…片道3,350円
青春18きっぷ1回分…2,370円

☆片道だけでも、青春18きっぷが980円お得

◆東京~大阪間(鈍行で約9時間半の行程となりますが…)
通常…往復8,750円
青春18きっぷ1回分…2,370円

☆青春18きっぷが6,380円お得

乗れるのは鈍行に限られてしまいますが、使い方によってはかなり値段が安くなります。せっかくの夏休み、のんびりあちこち旅するにはぴったりですよ。

「青春18きっぷ」は5回分! 使用時の注意事項

前述のとおり「青春18きっぷ」は、5回分で1セットとなっています。

「青春18きっぷ」5回分の使い方

・1人で5日間使ってもOK
・5人で分けあって使ってもOK
・1人で使う、複数名で使う回が混在してもOK

ちなみに、かつては切符が5回分バラバラになっていて、複数人で利用しやすいよう配布が可能でした。しかし、現在は1枚に5回分(の日付記入欄)がまとまっています。そのため複数人で利用する場合には注意が必要です。

「青春18きっぷ」を複数名で使う場合の注意点

全員の乗車・降車駅が同じならばいいのですが、異なる時は、何らかの工夫をしなくてはいけません。筆者が友人らと旅行した時は以下のようにしました。

・一番遠い人が「青春18きっぷ」を持ち、まず当日利用する。
・他メンバーのいる途中駅で一旦改札を出る。
・合流した後、あらためて全員で入場する。

ちなみに、ネットオークションや金券ショップなどで、残り回数がさまざまな「青春18きっぷ」が売買されています。ただ人気商品であり、時期によって大きく価格が変動しやすいのでご注意ください。

いろいろ制限もありますが、電車に乗り放題というのは大きな魅力。特に夏休みは自由な時間が多く、レジャー代は節約したいところ。体力と時間のある夏休みだからこそ、「青春18きっぷ」での長旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア!