中古家具は節約になる?新品とのメリットデメリットを比較

一人暮らしを始めるにあたって、費用がかかってしまうのが家具。一式買い揃えようと思うとかなりのお金がかかってしまいますよね。なんとか初期費用を抑えられないものか……。

そんなとき気になるのが中古家具。新品より値段も安くて節約したいときには嬉しいですね。中にはデザインが素敵なものもあります。中古か家具を買うときのメリットとデメリット、気をつけたいことをまとめました。家具を買い換えて、部屋の雰囲気をグレードアップしたい人も注目です。

中古家具のメリット

いいものを安く買えるのが、中古家具のいいところ。もちろん、新品の家具にも値段が安く、機能やデザインもしっかりしたものがあります。でも、せっかくの大きな買い物なので、こだわって納得できるものを買いたいところです。

素材がしっかりいいものだったり、オシャレなデザインだったりと、新品には出せないよさのあるお気に入りが見つかるかもしれません。アンティーク風のものであれば、ちょっとくらいのキズも味になりますし、使った分だけ風合いが増すというものです。

中古家具のデメリット

キズも味になるとは言ったものの、それも場合によりますよね。想定外のキズや汚れは嫌なものですし、引き出しが開きにくいなど機能面に欠陥があると問題です。ソファやベッドだと臭いがあったり、古い木製の家具は奥の方に虫が巣を作っていた!なんてことも。

中古品は返品が効かないことも多いので、事前にしっかりチェックして納得して買うようにしましょう。家具を裏返したらお札が貼ってあった……なんて都市伝説も聞きますが、怪談は抜きにしても、さまざまな形で、前の持ち主の生活の痕跡を引き継いでいるのが中古家具です。そういうのが気になってしまう人は新品を選んだ方がいいかもしれません。

ネットよりリサイクルショップで探す

ネットでも簡単に探すことができますが、やはり写真では分からないこともたくさんあります。買ってから後悔しないように実物を見て決めたいものです。そうなると、多少面倒でも足を使ってリサイクルショップを巡るのがおすすめです。

普通のリサイクルショップでも掘り出し物が見つかるかもしれません。少々、値段は高くなるかもしれませんが、家具専門、アンティーク専門、北欧風、アジアンテイストなどコンセプトを決めて中古品を扱っているお店もあるので、そういうお店を狙い撃ちした方が欲しいものが見つかる可能性は高まります。

新しいものが欲しいならアウトレットを狙う

中古とは少し違いますが、新品同様を狙うならアウトレット品も狙い目です。アウトレットには、多少のキズがあったり規格外だったりするものから、新製品が出たため型落ちになったものまで、さまざまな種類が含まれますが、いずれも新品で格安です。

住宅展示場やモデルルームで使われていた家具も、高級品が多く、ほぼ新品です。こういうものは専門の業者が扱っているので、探してみるといいかもしれません。

中古品であれば、同じものを新品で買いそろえるより初期費用を節約できます。新品では味わえないビンテージ感を楽しみたい人には、さらにおすすめです。
メリット、デメリットをしっかり確認して、賢く中古家具を手に入れましょう! 一人暮らしのお部屋がもっと素敵になるとよいですね。

この記事をシェア!