初心者でもめんどくさがりでも簡単!お弁当ならぬ 「ズボランチ」で食費節約

一人暮らしで気になる支出のひとつが「食費」です。その中でもランチなど、外食の値段を抑えて節約するため、お弁当を持参したいと考えている人も多いのでは?

でも、朝は時間もないし、料理が苦手、面倒くさいという人たちのために、どんなズボラでもできるランチ「ズボランチ」を紹介します。

とりあえずご飯を持っていく

具もノリも最初は不要です!ご飯をささっとラップに包みおにぎりにしたり、タッパーに入れたりするだけでも充分です。

おかずはコンビニや学食で買いましょう。主食があればなんとかなるものです。さらに、余裕があればふりかけを持っていくとちょっと豪華になりますよ。

晩御飯をそのままランチに

カレー、焼きそば、パスタなどなど、一人暮らしでも簡単に自炊できる料理でいいんです。

晩御飯の残りをそのままタッパーに入れて持って行けば、りっぱなお昼ご飯になります。ちなみに、筆者の知り合いには、前日の鍋パーティーの残りを持ってきたツワモノもいます。汁漏れには気を付けましょう。

サラダは袋で

栄養バランスを考えて、コンビニのカップ入りサラダを食べる人も多いと思います。でも、コンビニのサラダって結構高いですよね?

節約したいなら、プラスティック容器に入ったものより、袋入りのサラダ(カット野菜)がおすすめ。ちょっとお行儀が悪いですが、袋のまま直接ドレッシングを入れて食べます。

普通のサラダが300円くらいだとしたら、袋入りサラダは98円くらいなのでかなりお得です。別売りのドレッシングを付けてもこっちのほうが安いです。

果物をまるごと

海外のドラマや映画などで、一度は見たことがある“学校でりんごをかじる”というランチのシーン。筆者が留学していた際も、結構やっている人が多かったです。
皮ごと食べられるりんごや、手軽に食べられるバナナを持っていくと、食べやすくていいですね。さらに、一人暮らしで不足しがちなビタミンを補うこともできます。

「ズボランチ」をご紹介しました。料理が得意ではない人もこれならできる!と思えたのでは?

頑張って毎日お弁当を手作りしなくても、食費を節約する方法はあります。ランチ代をおさえつつ、しっかり栄養はとりましょう。

この記事をシェア!