通学定期券を安くする裏技!クレジットカードで6ヶ月定期を分割で買える?

通学や通勤において、定期券は必須アイテム。6カ月で購入してしまった方がお得なのはご存知かと思います。しかし、駅の窓口での支払いは一括購入のみ、まとめて支払うのが難しく、仕方なしに1カ月ごとに買われている人も多いのではないでしょうか。そんな悩みを解消するべく、定期券での無駄な出費を抑えるテクニックをご紹介します。

■どのくらい変わる? 分割払いにしたときの金額

実際に分割払いをしたとして、どの程度金額が変わってくるのでしょうか?今回はJR東京からJR高円寺までを例にとって比較してみましょう。

1カ月で購入した場合は7,050円、6カ月の場合は3万8,050円となります。ということは、1カ月定期を半年購入すると……なんと4万2,300円。一括で買うよりも、6カ月間で4,250円も多く払うことになるんです

では、クレジットカードの「後から払い」で購入した場合は、どのくらいの金額になるのでしょう。クレジットカードは基本的に金利手数料がかかるため、ここでは年利18%に設定して考えます。すると、3万9,999円(内手数料1,949円)となります。

一括で買うより1,949円高くなるとはいえ、1カ月定期を半年購入するよりも2,301円もお得になるんです。これを使わない手はありませんよね。

■そもそも、定期券はクレジットカードで買えるの?

安いのは分かったけど、どの線ならクレジットカードで定期券を作れるのか分からない。そんな人に向けて、どの鉄道会社でどんなクレジットカードが使用できるか、東京を走っている電車にスポットを当ててご紹介します。

JR東日本では、View、JCB、VISA、Master Card、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubのマークがついているもの、東京メトロ、都営地下鉄、小田急線、東京急行線では、JCB、VISA、Master Card、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubのマークがあれば使用可能です。また、各鉄道会社が出しているカードもあるため、日々の生活をよりお得にしたいとお考えの場合は、各社ホームページで確認してみてください。

また、西武鉄道はJCB、VISA、Master Card、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubのほかに、SAISON、UCも使用でき、京王電鉄、京成グループ、東武鉄道、京浜急行電鉄、では、グループが出しているクレジットカードでのみ購入することができます。

ただし、特に注意してもらいたいのが、クレジットカードで定期券は購入できても、「後から分割払い」ができないものも含まれているということ。くれぐれも確認をしてから購入してくださいね。

■クレジットカードで分割払いにするには?

ここまでお得になるのなら、クレジットカードで分割払いしたくなりますよね。では、どのように分割払いにすればいいのでしょうか?

駅の窓口や券売機、ネットでは分割払いができず、一括となります。が、実際には分割払いの手続きは、駅の窓口で行うのではないんです。自分が持っているクレジットカードのウェブ明細などから、「後から分割払い」を選択すれば、定期券の支払いを分割払いにすることができます。

いかがでしたか?今回はクレジットカードで定期券を分割払いした場合、どのくらいお得になるかご紹介しました。6ヶ月一括購入するのはちょっと…と思っていても、分割ならお得に、手軽に支払えそうですよね。まだクレジットカードを持っていないなら、通勤・通学でどの線を利用するか、どのカードなら「分割後払い」が可能かなども判断基準にしてみましょう。

この記事をシェア!

この記事をかいた人

タケウチコトコ

ライターのタケウチです。一人暮らし歴は4年目?に突入したはずです。インドア派で基本家から出ないので、一人暮らしをしているとコンビニの店員さんとしか話さない日もあります。写真は気取ってます。