お得にオシャレ賃貸に住もう!築年数を感じさせないリノベーション物件とは

一人暮らしを始めるにあたって、どうしても気になるのが築年数。新しければ新しいほど、誰も使っていないからキレイな気がするけど、やっぱりちょっと高いですよね。そんな今、新築にも見劣りしないほどキレイで、なおかつ新築よりも安く借りられ、歴史の温かみを感じられるリノベーション物件を選ぶ人が増えているんです。

今回は、賃貸物件のリノベーションを行うイエスリノベーション株式会社さんにご協力頂き、写真でリノベーション物件を見ていきたいと思います。

↓おしゃれなリノベーションについてまだ読んでいない人は先に読もう↓

半日だけでプチプラリノベーション!リメイクシートを使ってカフェ風キッチンに【前編】

2017.01.04

半日だけでキッチンをプチリノベーション!リメイクシートを使ってカフェ風キッチンに【後編】

2017.01.15

■そもそもリノベーションとは?

リノベーションって何?リフォームと何が違うの?そう思われた方も多いのではないでしょうか。大枠での意味は似ていますが、リフォームとは、英語で「作り直すこと」を意味し、建築に対しては古くなって壊れてきた建物を元の状態、つまり新築の状態に戻すことを指します。

他方、リノベーションは「手を加えてよくすること」を指し、元の状態よりも改良を加えて、今まで以上によい建物にするという意味になるんです。多くの場合、リフォームより大規模に手を加えることになります。もともとよかったところを活かして、より使い勝手がいいものになる点も、リノベーション物件のいいところといえます。

■やっぱり気になる水回り

築年数が古くなってくると、キッチンや洗面台、トイレ、お風呂といった水回りが気になるところ。あまりにも汚れていたり、元住人の生活感を感じたりすると、住むことがためらわれる人もいるのではないでしょうか。しかし、リノベーション物件だと……。

※同じ物件のものではありません。

想像以上のキレイさ。コンロや洗面台の清潔感はもちろんですが、その周りの壁にも汚れがなく、きっちりとキレイになっています。これなら新築でなくても、新しい気持ちで部屋を使うことができそうです。

■洋室はもちろん、和室もキレイ!

最も気になる水回りを確認したら、次は住宅スペース。築年数が古いというだけで、ボロボロの畳だったり、ガタのきたフローリングだったり、マイナスな部屋を想像しがちですが……。

今回のリノベーション物件では、壁の色が純白であったり、緑がアクセントとして入ったりと、清潔でキレイな印象を与えます。照明がオシャレに取り付けられている部屋もあり、住む前からどんな部屋にしようかと想像を膨らませたくなりますよね。

和室も、畳からして美しいです。また、建物によっては、和室よりも洋室の方が人気だからと、洋室にリノベーションしてしまうこともあるんだとか。洋室でも和室でも、こんなにキレイなら築年数が古くても大歓迎という気持ちになりそうです。

■まとめ

いかがでしたか? 今回はイエスリノベーションさんが実際に手掛けたリノベーション物件を見せてもらいました。リノベーションはテーマを設定して行うことが多いそうで、部屋に統一感が生まれるのも利点だそうです。

新築に比べて家賃も安く、見劣りしないリノベーション物件。自分の目で見て確かめたい!と思われた方、是非一度物件を探して内見などに行ってみて下さいね。

この記事をシェア!