食費節約にも!一人暮らしのスーパーでの買いすぎ防止策

一人暮らしをする前は買い物はみなさんどうしていましたか?

実家暮らしの場合は、親と一緒に車でスーパーまで行くこともありますよね。
そうすると、買う量も買う物もあまり気にしていなかったのではないでしょうか。

でも一人暮らしになると、、今までとは違ってきます。
自分でスーパーまで行き、買い物をしなければなりません。
そこで、ここでは一人暮らしの買いすぎ防止法をご紹介したいと思います。

買い物かごは手で持とう!

車がないとなると運べる量も考えないといけません。
あまり買いすぎると重くて運べない・・!腕が痛い・・!
なんてことも・・。

私もついついスーパーで買いすぎて休憩しながら、家まで運んだこともあります。
自転車を使うのも手ですが、買いすぎると自転車のかごに入らないということだってあります。

そこでカートは使わず、買い物かごを持ちましょう。
押すだけで楽に買い物ができる便利なカートですが、それでは重さを判断できません。

買い物かごを手で持つと重さで運べる量なのか判断でき、また、多く買いすぎないため、買いすぎ防止にもなります。
是非今日からカートをやめ、買い物かごを利用してみてはいかがでしょうか。

お腹ぺこぺこの時に行かない!

お腹がすいている状態でお店に行くと、ついついどれも美味しそうに見えてしまいますよね。
あれもこれもとお菓子やジュースなど欲しくなります。
私はお腹空いた時何か買おうとお店に行くと、ついつい買わない予定だったものまで買ってしまうってこと多々あります。

逆にお腹が空いてないときは食べ物は何も買う気にならない・・ってこと経験したことないでしょうか?

買い物をする時は、余計な物まで買ってしまわないようにある程度お腹が満たされている時に行くと買いすぎ防止に繋がります。
お腹がぺこぺこの場合は、少しだけ家にあるものをつまんでからいくようにしてみましょう。

事前に家にあるもの・冷蔵庫チェック!

買い物に行ってからなんとなくこれなかったなーと買ってみたらまだ家にあった!ってことないですか?
もしくは、あったような・・なかったような・・と買うか迷ってしまうってことありますよね。

買い物にいく前は家になにがあって、なにがないのか、冷蔵庫までしっかりチェックし、把握してから買い物に行きましょう。
「今」いるもので買う必要があるものをメモすると忘れずに買い物ができます。

また、買う物がきまっていると、迷う必要がなくなり時間短縮にも繋がります。
あれこれ何を買うか迷って無駄に時間を浪費したくはないですよね。

買いすぎ防止にもなり、買い忘れもなくなり、更に時間短縮にも繋がるなんて‥試してみる価値ありです!

♦︎まとめ

買いすぎ御免!一人暮らしの買いすぎ防止法。いかがでしたでしょうか?
買いすぎ防止をすることによって、節約にも繋がります。
是非今回ご紹介した3つの防止法をお試しください。
快適に買い物を楽しみましょう。

この記事をシェア!