やりすぎた…絶対に真似してほしくないやり過ぎ節約術

一人暮らしのみなさんも、なんとか生活費を切り詰めようと、色々工夫してみたことがあるのではないでしょうか。

一人暮らしだけに、人によっては、つい無茶な方法で節約したり、やりすぎたりしてしまいがち。でも、あまりに独自の方法にはしると大変なことに!今回は、「やりすぎ!間違いだらけの節約術」をご紹介。くれぐれも真似しないでくださいね!

やりすぎた・・・「食費」編


ひとり暮らしの節約で、まず削ろうと思いつくのが食費。実はあなたにも経験あるかも!?

* 袋ラーメン箱買い、1ヶ月チャレンジ

安いものを目ざとくまとめ買いすれば、1食20円程度も可能。しかし、低栄養で高カロリー、化学調味料や塩分、油分がてんこ盛り。食べ続ければ、高血圧、味覚がおかしくなり、ハゲ、肥満、糖尿病へまっしぐら。肉体年齢も急速に老け込むとか。

* ランチは試食で!デパ地下をはしご

栄養バランス二の次。習慣化すれば顔を覚えられてしまいます。人としてどうなのか!

* タバコはもらいタバコのみ

確かにタバコは高価な嗜好品。ですが確実に嫌われ者になります。

* 野菜は道端の雑草をつんで

犬のおしっこ被害、排ガス被害が気になります。都会なら毒キノコは生えていないでしょうが、身の回りにも意外に毒を持った植物ってあるんですよ。

* 甘味が恋しくなったらジュースを極限まで水で薄めて飲む

お客さんにお出しするのだけはやめましょう!

やりすぎた・・・「水光熱費」編

ちりも積もれば、の水光熱費。相当思い切ったことをしないかぎりは、努力のわりに効果が薄いイメージが。でも、やりすぎると・・・

* 夜はろうそくの灯りだけで生活

まれに似合う人もいます。火事のリスクが高まります。

* 冷暖房はもってのほか 冬は人型寝袋を着て過ごす

丈夫でないと身体を壊し、かえって医療費がかかります。丈夫な人でも、暑すぎ、寒すぎで、能率上がらず、汚部屋になる危険性も

* お風呂に入った時に洋服も湯船で手洗い、洗剤も使わない

湯船でちゃんと洗うには限界があります。洗剤をケチると、洗い上がりもクサいです。気がついてないのは自分だけ。スメハラの原因に。

* トイレを流すのは5回に1回


異臭騒ぎで通報されます。お客さんを呼ぶなんてもってのほか。

* 雨水をバケツに貯めて飲料水に利用

もはやサバイバル生活。ここまでやってる人は、もうお腹を壊すようなやわな人ではないのかも。

やりすぎた・・・「人間性」編

やりようによってはミニマリスト。節度とスタイルがあるかどうかが問われます。

* テレビなしPCなしスマホなし

上手に社会インフラを利用する人も。そうでなければ、相当社会や人間関係のコミュニケーションを遮断することに。

* 図書館の主(ぬし)に 新刊は本屋をはしごでまるごと読破

たしかに図書館は市民の憩いの場ですが、節度を持って利用しましょう。本屋回りも、頻回・長時間が重なると、さすがに顔を覚えられてしまいそう。

* ゲームは電気屋の展示サンプルで

本屋同様、あまりにも人目と迷惑を考えないと、人としての品性が疑われます

* 冠婚葬祭の洋服は使用したあとに返品

実は、結構多いらしいです。でも、汚れや匂いのついた服を確信犯で返品なんて、非常識。

* とりあえず買ったものにクレームをつけてみる

どれだけ節約効果があるのか知りませんが、もう、人でなしとして生きていくということですよね。

* どこまでも歩く

ひとりでやる分にはかえって健康になっていいのかも。あまりに当たり前になって、友だちや、彼氏彼女をどん引きさせないように気をつけましょう。

うん、やっていいことと悪いことってありますね! 節約は、目標を持って賢く要領よくやるべし。あまりにアナーキーな方向にいってしまうと、結局病院通いするはめになったり、いざという時頼れる友だちをなくしたり、仕事を見つけられなかったりして、プラマイ大いにマイナスになってしまうおそれがあります。だめだめ人間になってしまわないよう、くれぐれも気をつけましょう!

この記事をシェア!