部屋が暑い・・・部屋の温度上昇を防ぐ4つの方法

暑い夏はどうしてもエアコンが必要。でも、使いすぎは電気代が心配です。また、エアコンの風が苦手で体調を崩してしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで注目したいのは窓。実は室内に入る熱の70%が窓を経由しているという説もあります。窓からの熱を少しでも減らせば、エアコンに頼り過ぎずに済みそうです。そこで一人暮らしでもお金をかけずにできる「窓断熱」の工夫を紹介します。

1. 目隠し効果もあるすだれを使う

立てて使うすだれ

すだれやよしずは、日本の夏の風物詩。昔ながらの生活の知恵が詰まっています。
海の家などでもよく見るよしずは、ヨシを材料に作ったもので一般的には立てかけて使います。一方、すだれはそれよりもサイズが小さく吊して使いますが、「立すだれ」といって立てかけるものもあるようです。

すだれは日差しを避けてくれる

一番の効果は日射しを避けること。日陰を作ることによって、直射日光と熱い外気で窓が熱せられて、部屋に熱が入り込むことを防ぎます。

風を通すすだれの効果的な使い方

目隠しの効果もあるので、思い切ってエアコンを止めて窓を開けてしまうのもありです。外から中の様子は見えませんが、編み目の間から風は通す仕組みなので、風によって体感温度が下がり、涼を得ることができます。風情があるのもいいところです。

2. ブラインドやカーテンを使う

カーテンで部屋の温度上昇を防ぐ

すだれが手に入らなかったり、部屋の雰囲気に合わないという人は、ブラインドやカーテンでも同じような効果が得られます。直射日光が部屋に差し込んで部屋の温度が上昇するのを防ぎます。窓と室内の空気の間にブラインドやカーテンを挟むことで、温まった窓の熱が直接部屋に伝わるのを防いでくれ、熱の伝達を緩めてくれるのです。

でかける前にブラインドやカーテンを閉めることで、直射日光で部屋の気温が上がることを防ぐことができます。帰ってきたら部屋の空気が「むわっ」と熱い、あの感じを減らすことができるかもしれません。

3. 断熱・遮熱フィルムを貼る

断熱・遮熱フィルムを窓に貼ることで、窓からの熱の侵入を防ぐ方法もあります。

「断熱」は窓を挟んだ中と外の熱の伝達をカットする効果、「遮熱」は日射しをカットして部屋が温まるのを防ぐ効果のこと。それぞれ似ているようで違うものなので、商品説明をよく読んで目的に合ったフィルムを選ぶことが大切です。

4. 扇風機も組み合わせて使う

窓断熱と組み合わせて扇風機を使うのも有効な方法です。部屋の中に風があると体感温度が下がります。また空気を攪拌することで部屋の中の温度のかたよりを無くすこともできます。温度センサーの位置が悪くて冷やしすぎてしまうなんてことも防げます。

とはいえ、電気代の節約のために無理をしすぎるのは禁物! 熱中症にならないよう水分をこまめに取って、必要なら適度にエアコンの力も借りて暑い夏を乗り切りましょう。

この記事をシェア!