貯金マスターに聞いた。一人暮らしの苦学生でもお金が貯まる9つのコツ

こんにちは。ライターのオオサワです。

皆さんは貯金していますか?私はしていません。本当にしていません。困っています。たまに周りの人に貯金額をこっそり聞くと唖然。自分の計画性のなさに愕然として顎が外れそうになります。

ただやっぱり高校生、大学生、社会人数年目くらいの人たちってそこまで金銭的な余裕もなくて、貯金するのって難しいですよね。学生でも貯金している人とかを見ると才能すら感じます。

とはいえ、一人暮らしでお金がなくても、将来の蓄えや、いざという時の費用があることは重要なこと。そこで今回は「貯金マスター」に話を聞いて、「学生でもお金が貯まる貯金方法」を聞いてみました。

1.収入の中で貯金額を決めて貯金する

いくら貯めたいか、を決めてから使う

どうやら僕の周りの貯金マスターたちは全員これをやっています。

例えばバイト代が5万円だったら、1万円を先に貯金する。それが無理でも5,000円は貯金する。残った分は気にせず使う。

そうすれば確実に毎月お金が貯まるし、普通に使う分は使えるからストレスはないよ、ということ。

2.特別な収入を貯金する

特別な収入を貯金するというのもおすすめの方法です。

例えば「ボーナス」や「単発バイトの収入」、2つバイトをやっているなら1つは使って1つは貯金するとかですね。

あとは親から仕送りを受けて生活をしている学生は「仕送りは貯金」「バイト代で生活する」という人も多かったですね。ずるい感じはしますが、これも得策でしょう。

3.口座を分ける

もう貯金してても使っちゃう!という人は、貯金用の口座と使う用の口座を分けましょう。

特に2つ目でも紹介した「バイト先によって貯金か使うかを分ける」という方法をとるのであれば、バイト先ごとに振込先の口座を変えるだけで、自動的に1つの口座には貯金が貯まっていきます。

4.人の力を借りる

人にお金を管理してもらう、というのも手

自分の自制心を信じないことも大切。

自分で貯金を管理しても全て使い果たす、僕のような人間にはこれをおすすめします。

この方法は自分の父親から聞いたのですが「毎月親にお金を送る。それを貯めておいてもらう」という積立型の方法。自分ではなくて親などに管理してもらうことで、絶対に使わないようにする、ということです。

自分で口座分けても使っちゃうんだよね〜という人は、親に口座を渡しましょう。自分の父親はこの方法で貯めたお金で家まで建ててました。

まだまだあります。貯金のコツ!

この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し