財布をなくした時の対処法! まずは落ち着いてココに連絡しよう

財布をなくした経験、ありますか?僕はあるのですが、分かった瞬間はパニック。絶対になくさないと思っていただけに、落ち着いて行動するのに時間がかかりました。

一人暮らしで財布をなくしてしまうと死活問題です。以下のように、一つずつ連絡しつつ、落ち着いて対処できるようしてくださいね。

1. すぐ連絡すべきはカード関連

一番に電話すべきは、クレジットカード会社、そして銀行や郵便局など金融機関です。

特にクレジットカードは、暗証番号がなくても利用できてしまうケースもあり、不正利用の可能性が高いです。機能を停止し、決済や引き落としを止めてもらうようにしてください。ほとんどの金融機関は、24時間365日対応の連絡先を設けていますので、すぐに電話をして「紛失したのでカードの利用をストップさせたい」との旨を伝えましょう。すぐに電話ができるよう、日頃から各社の連絡先を控えておくのがベストです。

最近では、家電量販店などお店のカードにクレジット機能があることも増えました。その場合、どのカードにどのクレジット会社が紐づいているかも大事な情報です。こちらも忘れずに連絡が必要です。

2. 警察で「遺失届」を書く

金融機関への連絡と同時に、すぐに交番や警察署に行き、「遺失届」を書いてください。自宅やなくした場所でなく、まずは気づいた時点での最寄りで構いません。

遺失届には、名前や連絡先、そしてなくした日時や場所、その特徴(財布の色や形状。そして中身)などを記載します。その際に「受理番号」が発行されますので、控えてください。財布が届けられた場合や、その後の問い合わせなどの対応に役立ちます。

3.身分証、保険証などの再発行手続き

学生証などの身分証。そして、保険証や運転免許証などの公的証書。
これらについては、悪用を防ぐために紛失した旨を伝え、再発行の手続きなどを行います。

それぞれの連絡先ですが、学生証については学校へ申請を。保険証については、国民健康保険の場合は市区役所、社会保険の場合は当該保険組合へ。運転免許証は、運転免許センターなどで再交付を申請します。

4.その他悪用を防ぐために

その他、例えばカードキーを財布に入れていた場合、無断侵入などが行われる恐れがあります。建物の管理者などへ速やかに連絡しましょう。

図書館の利用カード、レンタルショップの会員証なども、万が一悪用されるとその被害は莫大になることがあります。こちらも利用停止を伝えるようします。

また、各種ポイントカードについては、利用停止した上で再発行などが可能な会社もあります。特に多くの未使用ポイントがある場合は、連絡してみてください。

まとめ

以上、まずはお金関係のものを最優先に対応しつつ、財布そのものについての対応を行っていく。そして重要なカード類を順次対応していくという流れがよいでしょう。

できれば財布をなくすことがないよう注意したいものですが、いざという時のために、連絡先をまとめておくなどリストをつくっておくことをオススメします!

この記事をシェア!