意外とお金がかかる!?大学サークル別でかかる出費を実際に聞いてみた




3. 文化系サークル


一見、スポーツ系サークルに比べてそこまで出費がなさそうに見える文化系サークル。しかし、やっぱりこちらも実際には、スタジオ代、ライブエントリー代など、いろいろな出費があるようですね。

さらに、飲み代が月に20,000円というサークルも! それぞれのサークルによって、飲み会の頻度はかなり違います。外での飲み代は重なると、あっと言う間にお財布が寂しくなってしまいますよね。ここもチェックしておくべきポイントです。

●軽音楽サークル(2年)Eさん

<サークル費・部費>
年間:1万円(学期ごとに2回)

<サークル費以外にかかる費用>
・スタジオ代:3,000円×週2回
・飲み代:月2,000円
・ライブ:3,000円×年2回

「スタジオ代と飲み代がかかりますね。でも、ある程度は予想してたんで、意外な出費というほどではないかも。サークルにかかるお金を節約するために心がけていること? 特にないです(笑)」

 

●アカペラサークル(4年生)Fさん

<サークル費・部費>
年間:5,000円

<サークル費以外にかかる費用>
・飲み会:2,000円〜3,000円 不定期
・スタジオ:約1,000円 不定期
・ライブエントリー:1,000円~2,000円×年2~3回
・衣装代 :5,000円〜10,000円

「活動は週2回ほどです。サークル代は年間で5,000円なので、そこまでは高くないと思います。不定期ですが、スタジオレンタル代や飲み会などでお金がかかります。あとは衣装を自前で用意しないといけません。節約のために定期券を活用しています」

 スポーツ系・文化系どちらにも共通する出費

スポーツ系サークル、文科系サークル、それぞれに出費の傾向があることがわかりました。また、どちらのサークルにも共通する出費もあります。

・飲み会代

大学生になり、20歳を超えるとお酒が飲めるので、大会後の反省会や発表会などのイベント後の打ち上げなどで、居酒屋などに出かける回数が増えます。

特に日頃飲み会をしないサークルでも、3月から4月は、卒業生を送る会や新入生歓迎会などの名目で飲み会が催されることもあるでしょう。活動内容に関わらずほとんどの大学サークルでは、飲み会の費用がかかると考えておきましょう。さらに、飲み会は二次会、三次会まで行われることも。こちらもサークルの出費として忘れずに想定しておいたほうがよさそうです。

・合宿代

夏休み・冬休みなど長期休暇を利用した合宿施設での練習や、他の大学と合同で合宿を開催するサークルが多いようです。大学によっては専用の合宿施設を持っていて、そこを格安で利用できるところもあります。

しかし、合宿は宿泊費以外にも食事代や交通費などの費用が掛かり、大学生にとってはかなりの出費です。場合によってはアルバイト代がひと月分消えてしまうことも。合宿に参加したら学生生活ができなくなった……とならないように、合宿に向けてコツコツ貯蓄をしていきましょう。

せっかくの大学生活! 勉強やバイトだけでなく、サークルでさまざまな体験をしたいですよね。お金や時間もかかりますが、きっと、かけがえのない経験になるはずです。

そのためにもサークルに入ってから「こんなはずじゃなかった!」「お金がかかりすぎてサークルが続けられない」ということがないよう、しっかりどんな出費があるのかイメージして、バイトなどの計画を立てましょう。楽しいサークル活動で、楽しいキャンパスライフになりますように!






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し