気付けばお金が貯まっている!?「ゆる貯金」のススメ

一人暮らしは何かとお金が必要ですよね。毎月コツコツと貯金するのが一番確実に溜まる方法だとは分かっているけど、大きな金額を一気に貯金に回すと日々の生活が大変……。

そんなあなたにおすすめなのが「ゆる貯金」です。「ゆる貯金」とは、気が向いたときにする、簡単で頑張らない貯金のこと。

貯金をしたいけれどなかなか長く続かない! という人におすすめです。学生さんなど、毎月決まった額の収入がない方でも始めやすいのが特徴です。

学生必見!硬貨を貯めるだけのカンタン貯金

◆500円玉貯金

手っ取り早く溜まるということで人気の500円玉貯金。専用の貯金箱なども良く見かけますね。財布に入っている500円玉は、全て貯金箱などに入れてしまうという方法です。

実際に500円玉貯金をやっている人に聞いてみました。

Aさん
買い物の時に、なるべくおつりが500円になるように小銭を出しています。お財布の中にある500円玉は、その日のうちに貯金箱に移します

平均すると毎週1,000円くらい貯まるそうです。この方は500円玉貯金を始めて5年くらいになるとのことですが、なんと今までの合計は約15万円だそう!

Aさん
最初は気づいたときだけでしたが、今は積極的に500円玉を作ろうとしてしまいますね(笑) ちなみに今回は11月から2月までの4カ月で、2万500円たまりました

貯金額平均 1週間に1,000円→1ヵ月で4,000円

◆お釣り貯金

一日の終わりに財布に入っている小銭全てを貯金箱に入れるというやり方です。500円だけピックアップするのがめんどくさい、小銭がじゃらじゃら財布にあるのが嫌だ、という方にもおすすめですね。こちらも実際に実行した方に話を聞いてみました。

Bさん
500円玉よりも、じゃらじゃらとたくさん貯まるのでモチベーションが上がりますよ。大きなビンなど、中身が分かるものでやるのがおすすめです。ほぼ毎日行って、1ヶ月で平均1万円くらい貯まりました。

毎日はキツイし、ある程度小銭も必要!という方は、○日に1度、毎週○曜日という風に決めても良いかもしれませんね。大量に貯まった硬貨は、銀行などで両替してもらいましょう。

貯蓄額平均 1週間に2,500円→1ヵ月で1万円

お金を貯めるには、ガマンも必要?「ジュース買ったつもり貯金」


出費の計算をしていると意外に使ってしまっているのが、コンビニや自販機、カフェでの「ちょこちょこ出費」ということも多いですね。この方法は、そのちょこちょこ出費を抑え、その分を貯金にまわすというやり方です。

水筒やタンブラーで飲み物を持ち歩き、カフェに入った、コンビニや自販機でジュースを買ったつもりで数百円を貯金します。

例えば平日に学校へ行き、午前と午後に1回ずつコンビニでジュースやお茶を買うとします。1回150円として合計300円。それを水筒やタンブラーで持参したとすると、平日は月におよそ20日ですから、1ヶ月の合計貯金額は6,000円になります。

貯蓄額平均 1週間で1,500円→1ヵ月で6,000円

運動も兼ねて! 歩いた分だけ貯める簡単貯金


駅から駅まで、電車に乗らず歩いたらその分の電車賃を貯金します。運動にもなるという一石二鳥の作戦です。学校に通うとき、バイトに行く時、遊びに出かける時など、15分ほど早く出かけて、一駅分歩いてみるのはいかがでしょうか。

山手線一駅分のきっぷ運賃が140円として、2日に一度チャレンジすればひと月で約2,000円。運動もできてお金も貯まる。いいこと尽くしの貯金といえますね。

貯蓄額平均 1週間で490円→1ヵ月で2,000円

まとめ

いかがでしたか?毎日少しずつでも、ゆるく貯金をしていけば、気が付いたら思いのほかお金が貯まっているということも多そうですね。無理のない範囲で、「ゆる貯金」を楽しみましょう。

この記事をシェア!