「礼金」って何のお礼? 「敷金」はなぜ払う?敷金礼金なし物件はお得なの?

一人暮らしを始める際には、住むためのお部屋を色々な不動産で探しまわることになります。

住居に関するお金で最も重要なものは、月々の家賃であることは間違いありませんが、初期費用において重要になってくるのが「敷金」「礼金」の存在です。お部屋探しを始める前に、これらのお金の意味を知っておきましょう。

「礼金」って一体何? その相場は?

001
礼金というものは、マンションやアパートなどを借りる際に、支払われる一回払いのお金です。これからお世話になる大家さんに対して「よろしくお願いします」という意味があるお金なんですね。

関東地方において、住める場所が少なかった戦後すぐから広まりはじめました。かつて大家さんと住人の距離も近かったのも理由としてあります。ちなみに近畿地方においては、「敷き引き」(敷金の中から返還しないお金)に当たります。

礼金の相場は家賃1ヵ月分~2ヵ月分が多いです。この礼金は謝礼として出したお金なので、戻ってくることはありません。

「敷金」って一体何?その相場は?

002
敷金は物件を借りている人が、大家さんなど物件の持主に預けておくお金です。お部屋を借りている間に大きな破損個所ができてしまったりすると、この敷金を使って修繕する事があります。

さらに退去時のハウスクリーニング代が入居者負担になっていると、ここから料金が引かれるケースがほとんどです。

こうした料金を差し引いたお金は、退去後に戻ってくることになります。ハウスクリーニング料金は20,000円~30,000円程度が相場になります。また考えたくはないですが、家賃を滞納してしまった時や、急に入居者がいなくなってしまった場合にも、この敷金が使われます。

敷金・礼金が0円のメリット・デメリット

003

昨今は、敷金や礼金が0円の物件も多くあります。

メリット

とにかく入居時における初期コストが少ないことでしょう。

敷金礼金は、基本家賃◯ヶ月分で計算します。例えば、敷金礼金が1ヵ月ずつ/家賃6万5千円の物件でしたら、初期費用13万円を抑えられます。
これを1年に換算すると月々1万円以上お得になるのです。

家賃が少し高くても敷金礼金が0円だと、総じて支払う金額も減ってくるので年単位で計算してみるのも良いでしょう。

デメリット

敷金・礼金を0円にするのには様々な理由があります。中には、騒音や日当たりが悪いなどの理由で物件が不人気のものもあります。
また、退去時に敷金がない分、退去時の清掃費を多額に取られてしまったというケースも。契約時に、しっかり内覧を行ったり、営業スタッフに確認するようにしましょう。

賢くお部屋選びを

今回は敷金・礼金のシステムをご紹介しました。
0円だから即決するのではなく、デメリットの部分もきちんと理解して確認することで住み始めて後悔することは減ってくると思います。
慎重に、そして賢いお部屋選びを心掛けたいですね。

この記事をシェア!