もう本当にお金がない…。困ったときにピンチをしのぐ方法3つ

大学生活は、やりたい事、欲しい物がいっぱい!それに人付き合いも、高校生までとは比較にならないくらい広くなりがちです。ついつい出費も多くなり、気づくと財布も口座もカラッポ…なんて事も。

次の仕送りやバイト代が入るまで、緊急でお金を作る方法をお教えします。でもこれはあくまでも“その場しのぎ”なので、お金の管理は日頃からちゃんとしておきましょうね。

1.まずは身の回りのもので売れるものを探す

ピンクのドレス
まず検討したいのは、自分の持っている財産をお金に代えることを始めてみましょう。ついつい散財してしまった、ブルーレイやDVD、本棚に乱雑に並んでいるいらない本やマンガ。あるいはゲームなども売却対象です。本当に即金が欲しいのであれば、リサイクルショップに行って販売してしまいましょう。

もしも時間的な猶予があるなら、ネットオークションにかけるという手もあります。そのほか、フリマアプリを使えば服やバック、アクセサリーや未使用の化粧品なども販売できます。

2.日払いのアルバイトで稼ぐ

やる気を出している女性

まずは、「アルバイト 求人」でググってみましょう。いくつかの求人サイトで「大学生歓迎」という条件で検索できます。
また、「単発(1日のみ)や」、「短期(数日)」という条件でも検索し、即応募してみるのも手っ取り早い方法です。

単発バイト? 日給?……それだけで稼げるのかな? と不安に思うかもしれませんが、心配は無用です。例えば、イベント・キャンペーンのスタッフや、引っ越しなどの力仕事のスタッフとして働くと、日給で1万円~2万円を超すことも珍しくないんです。即お金が欲しい人は日払いバイトに応募してみましょう。

3.自宅パーティーを開催する

若い女性数名がグラスを持って乾杯している様子
友だちとのイベントを開催するならば自宅で開催してみましょう。パーティーで余った食材などは、必然的に会場に残るので、日々の食事代の足しになります。

つまり人脈が多い人は交際費などがかかりますが、逆にそれを活かして自宅パーティーを開催するという裏技です。パーティー参加者に、参加料や食材などを少しずつ提供してもらうことで、むしろ交際費をおさえられるのです。

スマホで音楽を流して雰囲気を盛り上げたり、紙コップや紙皿にみんなで絵を描いて飾ったりすれば、お金を掛けずに豪華に演出できます。

ゲストに出す食事も工夫次第ではお金がかからないものにできます。業務スーパーで材料を買ってきて、鍋やカレーを大量に作れば、手間もかかりませんし、一人当たりの金額を抑えられます。お好み焼きも材料費が安いのでおすすめです。(あまりケチりすぎて、ヒンシュクを買わないように気を付けてくださいね)。

日頃の計画も大切です!

いかがでしたでしょうか?緊急時にお金をつくるやり方は色々ありますが、あくまでその場しのぎのものがほとんどです。大事な家財を売り払うのは辛いことですし、慣れないアルバイトに挑むのも大変です。緊急でお金が必要、ということにならないように、計画的に過ごしていきましょう。

この記事をシェア!