暖房だけにたよらない!部屋を暖かくする節約テクニック

warm-559113_640

冬。
朝起きるとふとんから出られず、着替えるときは暖房の前から離れられない、そんな季節…一人暮らしのみなさんは、この冬の日々をどのように過ごしていますか? 冷え込みの厳しいこの時期は、暖房に頼ることが多いかもしれません。もしかしたら朝起きてから寝るまでずっとエアコンをつけている、なんて方もいるのでは?

そうなると気になってくるのが光熱費。暖房は消費電力が大きいため、毎日暖房だけに頼っていると、とんでもない金額を払うことになってしまいます。
お金のかかる暖房の力だけにたよらずに暖かく過ごすテクニック、教えちゃいます。

冷たい空気の侵入を完璧に防ぐ!

pixta_13508974_M

窓ガラスのすき間を埋めよう!

「暖房をつけているのにどこからか冷たい風が…!」といった経験、ありませんか? 
こうした場合、部屋の断熱ができていないことがあります。実は、単にドアと窓を閉めるだけでは断熱は不十分。ドアと床の間にはすき間があり、ここからつめたーい空気がはいりこんでくるんです。
断熱性を高めるには、市販のすき間テープが効果的。原始的かもしれませんが、貼ってみると効果てきめん! 冷気を確実にシャットアウトしましょう。

カーテンが薄い人は包装の時についてくるプチプチを!

「窓を閉めているのに、寒い…!」こんな経験もあるのでは? 
窓ガラスは外の冷たい空気にほぼ直接触れている部分です。そのため、部屋の空気よりずっと温度が低くなり、部屋から熱を奪っていってしまいます。
これを防ぐには、厚手のカーテンを閉めて、部屋の空気と窓が直接触れないようにするのが大切。

また、カーテンがない人も大丈夫。梱包材の「プチプチ」を窓に貼るだけで、同程度の効果が得られます。プチプチに断熱の役割をしてもらいましょう。プチプチのポテンシャル、侮れませんね!

扇風機が冬に大活躍!?

pixta_16458628_M

空気を循環させるには?

暖かい空気は軽いため、部屋の天井付近に溜まってしまう性質があります。そのため部屋を暖めるにときには空気を循環させなければいけません。
そこで活躍するのが扇風機。「扇風機を冬に?」と思うかもしれませんが、使い方のコツをつかむと、暖房の心強い味方になります。
扇風機の風を体に直接当てるのではなく、天井に向けるのです。こうすることで、天井にいきがちな暖気を床の位置まで循環させることができます。暖房効率アップです。

なお、扇風機だけではなく、一回り小型のサーキュレーターでも効果があります。

扇風機は電気代が激安!

ここで、「エアコンに加えて扇風機まで使ったら、電気代かさむじゃん!」と思うかもしれません。
しかし、扇風機の電気代は、皆さんが思っているよりずーっと低いのです。
市販の平均的なものであれば、1時間回しても消費電力はなんと約「1円」。たったこれだけで、暖房の効率がぐんと上がって暖房のお金がかからなくなるわけですから、お得ですよね。

食事や履物でも暖かい部屋が作れる!

pixta_2764091_M

一石二鳥どころじゃない!鍋料理

部屋の湿度をあげるとより暖かさを感じやすくなります。加湿器を使ってもいいのですが、時間もお金も賢く使いたい一人暮らしでは「鍋料理」の活用が断然オススメ。

調理することで出る湯気が湿度をほどよく上げてくれますし、食べることで体の中からも温まります。加えて野菜多めなので食事のバランスが整えられて、残ったスープをリメイクして翌朝の朝食はおじや、なんてこともできちゃいます。
冬の献立において鍋の右に出るものなし、最強の一人暮らし飯なのです。

足元をあたためて、体感温度をUP!

冬場の床は凍っているのかと思うくらいに冷たくなっていますよね。裸足で立っていると冷たさでつま先の感覚がなくなってしまうほどです。かといって床暖房はそうそう簡単につけられるものではないですし、あったとしても温まるまで時間がかかります。

そこでオススメなのが、厚手の靴下やルームシューズです。
特にルームシューズは種類が豊富なため、お気に入りの一足を探すのも楽しいかもしれません。
足元をモッコモコにして氷のような床とはオサラバしましょう!

寝る時には昔ながらの湯たんぽがおすすめ

pixta_6381260_M

湯たんぽは偉大!

せっかくたくさんの工夫をして暖かく過ごしても、寝る時に寒い思いをしては台無しです。
そんな思いをしないために、「湯たんぽ」を活用してみましょう。
昔ながらの道具ですが、あらかじめお湯を入れて蓋をし、布団に入れておくことで、布団がすぐに暖かくなります。
暖かい布団にもぐりこむ幸福感は筆舌に尽くしがたいものがあります。簡単で効果ばつぐん。
これを一度味わうともう湯たんぽナシの生活には戻れないという人もいるほどです。

部屋着は単純で効果大

厚着する、というのはシンプルですが最も寒さに効果的な対策の一つです。部屋の中で厚手のカーディガンや半纏などを一枚羽織ってみましょう。
また、部屋着やパジャマもフリース素材にすることで、体感温度を上げられます。

いかがだったでしょうか?
ただでさえ寒い冬に財布の中身まで寒くなってしまうと、身も心も凍り付きテンションも下がってしまうこと必至。しかしこれらのテクニックを活用すれば光熱費をグッとおさえられるはずです。
部屋も財布もあったかくして、残りの冬も頑張って乗り越えましょう。

この記事をシェア!