暖房だけにたよらない!部屋を暖かくする節約テクニック

冬。

朝起きるとふとんから出られず、着替えるときは暖房の前から離れられない、

そんな季節…一人暮らしのみなさんは、この冬の日々をどのように過ごしていますか? 冷え込みの厳しいこの時期は、暖房に頼ることが多いかもしれません。もしかしたら朝起きてから寝るまでずっとエアコンをつけている、なんて方もいるのでは?

そうなると気になってくるのが光熱費。暖房は消費電力が大きいため、毎日暖房だけに頼っていると、とんでもない金額を払うことになってしまいます。

お金のかかる暖房の力だけにたよらずに暖かく過ごすテクニック、教えちゃいます。

冷たい空気の侵入を完璧に防ぐ!

pixta_13508974_M

窓ガラスのすき間を埋めよう!

「暖房をつけているのにどこからか冷たい風が…!」といった経験、ありませんか? 

こうした場合、部屋の断熱ができていないことがあります。実は、単にドアと窓を閉めるだけでは断熱は不十分。ドアと床の間にはすき間があり、ここからつめたーい空気がはいりこんでくるんです。

断熱性を高めるには、市販のすき間テープが効果的。原始的かもしれませんが、貼ってみると効果てきめん! 冷気を確実にシャットアウトしましょう。

カーテンが薄い人は包装の時についてくるプチプチを!

「窓を閉めているのに、寒い…!」こんな経験もあるのでは? 

窓ガラスは外の冷たい空気にほぼ直接触れている部分です。そのため、部屋の空気よりずっと温度が低くなり、部屋から熱を奪っていってしまいます。

これを防ぐには、厚手のカーテンを閉めて、部屋の空気と窓が直接触れないようにするのが大切。

また、カーテンがない人も大丈夫。梱包材の「プチプチ」を窓に貼るだけで、同程度の効果が得られます。プチプチに断熱の役割をしてもらいましょう。プチプチのポテンシャル、侮れませんね!

扇風機が冬に大活躍!?

pixta_16458628_M

空気を循環させるには?

暖かい空気は軽いため、部屋の天井付近に溜まってしまう性質があります。そのため部屋を暖めるにときには空気を循環させなければいけません。

そこで活躍するのが扇風機。「扇風機を冬に?」と思うかもしれませんが、使い方のコツをつかむと、暖房の心強い味方になります。
扇風機の風を体に直接当てるのではなく、天井に向けるのです。こうすることで、天井にいきがちな暖気を床の位置まで循環させることができます。暖房効率アップです。

なお、扇風機だけではなく、一回り小型のサーキュレーターでも効果があります。

扇風機は電気代が激安!

ここで、「エアコンに加えて扇風機まで使ったら、電気代かさむじゃん!」と思うかもしれません。

しかし、扇風機の電気代は、皆さんが思っているよりずーっと低いのです。

市販の平均的なものであれば、1時間回しても消費電力はなんと約「1円」。たったこれだけで、暖房の効率がぐんと上がって暖房のお金がかからなくなるわけですから、お得ですよね。

まだまだ続きます! お金のかからない暖のとり方!

この記事をシェア!