新米の季節におすすめ!ご飯がすすむ美味しい・簡単・満腹の丼モノレシピ

fotolia_74221029_subscription_monthly_m

食欲の秋は美味しいものが沢山ありますよね。種類は色々ありますが、新米が出回る季節でもあります。
クッキング番組で「ご飯の炊き方」「おにぎりの作り方」が紹介される程、お米が普段より美味しいんですよ!

美味しい白米はそのままでも美味しいですが、精米してから時間が経つと味が落ちてしまいます。なるべく早く食べた方がいいので丼モノにして沢山食べてはどうでしょうか?

丼モノレシピは簡単で種類も豊富、洗い物も減るので、一人暮らしに最適です。 今回は「簡単に作れて満腹になる」レシピを中心にご紹介!

【ツナマヨ丼】

ツナマヨ丼
コンビニおにぎりでもツナマヨは人気ですよね。でもおにぎり1個だと寂しい…。

という事で家で丼にして沢山食べちゃいましょう!
本来は「ツナ」はマグロのことですが、よりヘルシーで値段も安めなのに味も食感もほとんど変わらない「かつおフレーク」を使ったモノをご紹介します。

【材料】
*白米 適量(食べたいだけ)
*かつおフレーク 1/2~1缶(好きなだけ。ノンオイルのスープ漬けがベター)

*マヨネーズ 適量
*醤油 適量
*海苔 適量(あれば)

【作り方】
① かつおフレークは油切りをする(蓋を半分開けてからおさえて閉じて流す)
② 丼に白米を盛る
③ 白米の上にかつおフレークを乗せる
④ マヨネーズと醤油を「自分の黄金比率だと思う分量だけ」かける
⑤ ちぎった海苔をパラパラかけて出来上がり!

もしあればキャベツの千切りや玉ねぎのみじん切りを水にさらしたものを事前にボウルなどでかつおフレークと調味料を一緒に混ぜてから乗せると栄養バランスも良くなるしカサ増しにもなりますね。

【しらす丼】

しらす丼

一人暮らしだと中々魚介類って食べませんよね?コレはお手軽にカルシウムをとるのに最適!

「しらす丼」は神奈川の湘南辺りから静岡の沿岸部で「名物」と言われています。
ちなみにスーパーで売っているしらすはイワシ類の稚魚を茹でたものです。名物と言われている場所に行くと「生しらす丼」を食べることも出来ますよ!

【材料】
*白米 適量(食べたいだけ)
*しらす 適量(半パック程度)
*醤油またはポン酢 適量(好みの味でどうぞ!)

*卵の黄身
*刻み海苔
*長ネギ
*青シソなど(全て適量)

【作り方】
① 丼に白米を盛る
② しらすをかける
③ 好みの薬味を乗せる
④ 醤油またはポン酢をかけたら完成!

しらすは賞味期限が短いので、買ったらなるべく早く食べてくださいね。余った分は大根おろしにのせて「しらすおろし」にして食べてもGood!

【ソースカツ丼】

ソースかつ丼

福井県~東北湾岸部・長野県・福島県の山よりで「カツ丼」といえば卵とじではなくソースカツ丼が定番!
コレも「乗せるだけ」の簡単丼ですがご紹介します。

【材料】
*白米 適量(食べたいだけ)
*とんかつ 1枚または半分(食べたいだけ)
*キャベツ 適量
*ソース 適量

【作り方】
① キャベツはサッと洗って千切りにする
② 丼にご飯を盛る
③ 水切りしたキャベツをご飯に乗せる
④ 温めて食べやすいサイズに切ったとんかつをキャベツの上に乗せる
⑤ ソースをかけたら出来上がり!

とんかつが高い場合はハムカツでの代用もいけますね!

また、岡山や島根、愛知の一部地方では「デミグラソースをかけるソースカツ丼」というものもあるそうです。ちょっと豪華ですね!

最後に今までのものより少し手間を掛けた丼モノを紹介します。

【豚丼】

豚丼
手軽でボリュームもある豚丼も簡単に作れますよ!

【材料】
*白米 適量(食べたいだけ)
*豚肉 薄切り肉2~3枚または細切れ適量(食べたいだけ)

[タレ用]

*醤油 適量
*酒  少々
*砂糖 少々(好みで)

[薬味(あれば)]

*白髪ネギ(長ネギの白い部分を縦長に細く切った物)
*細ねぎ(小口切りにした物)
*刻み海苔
*白ごま 等
(全て好みの分量)

【作り方】
① 熱して油をひいたフライパンに豚肉を広げて並べる
② 火が通って色が変わってきたら(両面とも)砂糖を少量入れ酒で溶かす
③ アルコールが飛んだら醤油も投入。タレの部分で味見をして美味しければ火を止める
④ 丼にご飯を盛る
⑤ ご飯の上に広げた豚肉を乗せタレもかけて、薬味を乗せたら完成!

甘辛いタレに豚肉を絡めた豚丼はご飯が進むこと請け合い!簡単なので是非試してみて下さい。
面倒な人は「焼肉のタレ」を使ってもいいですよ。

甘いご飯物が苦手な人は砂糖を抜いてください。
(その場合でもコクを出すためにお酒は使ってください)

炭水化物のとりすぎに要注意!

fotolia_51992135_subscription_monthly_m

丼ものは炭水化物がほとんどです。なるべくサラダやスティック野菜、漬物などや味噌汁・冷奴などと一緒に食べて栄養バランスのことも考えてくださいね!
ご飯は毎回1食分炊くのは勿体無いので一度に多めに炊いて冷凍しておきましょう。

▼保存方法はコチラ

冷凍ご飯をおいしく復活させる!保存方法・解凍のコツも全部まるわかり!

2016.06.02

▼その他の丼モノレシピはコチラ

【一人暮らしの簡単レシピまとめ】どんぶり編

2016.01.14

アレンジ力抜群の丼モノ。自分オリジナルの丼モノ制作にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェア!