激安アイスがオリーブオイルでジェラートに大変身!? 試してみたいアイスレシピ

DSC05956

暑い季節、食べたくなるのがジェラート

普通のアイスクリームやシャーベットよりも高級で、そのまったりとした味わいに病みつきになる人も多いはず。そんなジェラートを、毎日食べたい、と思う人もいるかもしれません。

もし、安いアイスがジェラートに変身するとしたら、おうちで満腹になるまで食べてみたくないですか??今回は、そんな「魔法のワザ」をご紹介します。

ジェラートって?

ジェラートとは、もともとイタリア語で「アイスクリーム」の意味です。

原料に果肉やそのエキスを多く用いることで、ジューシーさをアップ。イタリアでよくとれる果物を用いたジェラートはイタリア国民の憩いのデザートとなっています。

アイスにオリーブオイルで、ジェラートになる!?

DSC05929

ジェラートをつくる方法は簡単。

市販のアイスクリームに、「オリーブオイル」を混ぜるだけです。オリーブオイルを混ぜることで、その食感が変わり、ねっとり・まったりとした味わいに大変身。「本当に!?」と思う人のために、レシピを紹介します。

基本のバニラでオイルをいれてみよう!

DSC05956

まずは基本の、バニラ味のレシピをご紹介。

【手作りジェラート レシピ】
・100円のアイスクリーム
・オリーブオイル(エキストラバージンがオススメ!)
・塩 適量
・はちみつ 適量

1,アイスクリームを容器に移し替え、そこにオリーブオイルを多めにたらします。アイスによってオイルの適量は異なるため、混ぜながら味見しましょう。

2,「ベストなまったり感!」だと感じたら、全体をもう一度よく混ぜ、冷凍庫でしばらく冷やしましょう。

3,30分ほど冷凍庫で冷やしたら、手作りジェラートの完成!

4,オリーブオイルは温度の変化によって香りをうしなってしまうので、取り出したらできるだけ早く食べましょう。

ねっとり感がベストマッチ!チョコレート味

DSC05968
バニラ味の次はチョコレート味にもトライ。

【手作りジェラート レシピ】
・100円のアイスクリーム
・オリーブオイル(エキストラバージンがオススメ!)
・カカオパウダー 適量

1,アイスクリームを容器に移し替え、そこにオリーブオイルをたらします。

2,色を出すために、カカオパウダーをスプーン1杯程度入れます。

3,30分間冷凍庫で冷やします。

こちらはチョコレートとオリーブオイルの組み合わせ。食べてみると新鮮かも。

基本的な作り方はバニラと同様ですが、チョコレート自体がもともと粘度が高いため、バニラのときよりも少しオリーブオイルの量を減らしましょう。

憧れの「抹茶」ジェラートもつくってみよう!

DSC05998
続いてはバニラ味以外にもチャレンジ。日本ならではの味わい、抹茶アイスはどうでしょうか。

抹茶味のデザートやスイーツは、「日本ならではの味」として、いまや海外旅行客から人気が殺到しているとの噂ですが、アイスも同様です。

東京では抹茶ジェラートの人気店が出現しているようですから、「抹茶×ジェラート」のコンビに期待ですね。

レシピは次の通り。

【抹茶ジェラート レシピ】
・抹茶味アイスクリーム
・オリーブオイル(エキストラバージンがオススメ!)
・粉末緑茶 適量

抹茶味アイスクリームは味が濃いのですが、見た目が薄い緑色だとちょっとさびしい気も。そんなときは粉末抹茶を入れてあげると、視覚的にも美味しさがアップしますよ。

本格的なジェラートと食べ比べてみたい人は!

ここまで、市販のアイスクリームにオリーブオイルを混ぜる裏技を紹介してきましたが、実は材料を揃えれば本格的なジェラートをおうちでつくることもできます。

【本格ジェラートのレシピ】
・牛乳150ml
・グラニュー糖 50g
・バニラビーンズ 4cmぶん
・生クリーム 150ml

1)小さめの鍋に牛乳とグラニュー糖を入れて中火にかけます。鍋の中に、バニラビーンズを加えます。
2)鍋のふちから煮立ち始めたら弱火にし、グラニュー糖が完全に溶けたら火を止めます。
3)2)をボウルに移し氷水につけて冷まし、生クリームを加えます。
4)容器に移して冷凍庫へ。1時間ごとに容器を取り出し、よく混ぜます。混ぜたらまた冷凍庫へ。これを3、4回繰り返していきます。

いかがでしたか?

本格ジェラートを作るのは時間がかかりますが、オリーブオイルを混ぜる方法は一瞬でできちゃいます!一度作り方を覚えれば、おうちで好きなだけジェラートを食べることができますね。

自分がいちばん好きなアイスを見つけてみてくださいね!

この記事をシェア!