年末年始でついた贅肉をなかったことに!正月太り解消ダイエットはこのレシピで!

japanese-food-993053_640

年末年始に実家に帰って久々に顔を見せたら
「アレも食べろ、コレも食べろ!」
と言われてついつい食べ過ぎてしまった方も多いのではないでしょうか?
今すぐ体重チェック!増えてたらソッコーでダイエットしましょう!

「お肉やご飯やお餅で増えた贅肉」なので「ダイエットに適した魚や野菜」で対策です!

ご飯の代わりにキャベツを食べよう!

a0002_010934_m
主食として一般的には「ご飯(米)またはパン」を食べる人がほとんどですよね?
その主食を「キャベツの千切り」に変えちゃいましょう!
キャベツは約60%が水分なので沢山食べても太る心配が少ないんです。

キャベツに含まれる主な成分は
*ビタミンC(美肌効果バツグン!)
*ビタミンU(別名キャベジン!かの有名な胃薬の名前の由来はココから来ています)
*カルシウム(野菜にしては珍しく体内に吸収されやすいのです)

と栄養面でもイイ事づくし!食物繊維も豊富なので便秘解消にもなります。

ただし、切った後はサッと水洗いするだけにしてください。
そうしないと切り口からビタミン類が溶け出してしまいもったいない事この上ないです!
切る前によく洗っておく方がいいですね。

ちなみにキャベツは「外側の色の濃い部分の方が栄養(ビタミン)豊富」なので
「固いから…」と捨ててしまわずに煮込み料理等に使ってくださいね!
煮込み料理の場合スープにビタミンが溶け出すのでしっかりスープも飲んでください。

「千切りは難しい…」と言う人は”スライサー”を利用すれば楽チンですよ♪

おかずは魚メインで!

ITM_371715786_2
(出典)レオパレス21 オンラインショッピング バラエティ缶詰セット

いちいち焼き魚や煮魚を作るのは面倒ですよね?それなら市販のサバの缶詰を使って手軽で簡単な魚料理を作りましょう。
缶詰は調理が簡単で手間いらず!特にサバ缶はTVの影響もあって一時期「サバ水煮缶ダイエット」というのが流行った事があるんですよ!

骨まで柔らかいのでカルシウムもしっかり取れるしタンパク質もバッチリ!
DHA(ドコサヘキサエン酸)のおかげで血液サラサラになるという嬉しいオマケ付き!
キャベツをご飯の代わりにしてサバ缶おかずでお腹をふくらませましょう。

【サバ缶のトマトスープ】

=材料(4食分・1食分だけ作るなら1/4の量にしてください)=
*サバ水煮缶 1缶
*トマト水煮缶 1缶
*水 200cc(カップ1杯分)
*コンソメ 2個
*有り物の野菜(大根・人参・キノコ類等) 適量
*塩・コショウ・醤油・酒・みりん 各適量
*オリーブオイル 好みの量

=作り方=
1.鍋に水を入れ、サバ缶、野菜、トマト缶、調味料を入れて、火にかける
(この時にはオリーブオイルは入れない)
2.好みの柔らかさになったら火を止め、お皿に盛る
3.オリーブオイルをかけたら出来上がり!

【サバ缶と白菜の煮物】

=材料(2食分)=
*サバ缶(水煮でも味噌煮でもOK) 1缶
*白菜 一人暮らしの人向けにカットされて売っている分全部
*醤油・酒・砂糖 各適量

=作り方=
1.白菜は1口大(2~3cm程度)に切る
(最初に長さを1/4位に切ると楽に切れます)
2.切った白菜を鍋に入れてからサバ缶を汁ごと入れる
3.そこに調味料を入れ、蓋をして中火で15分位煮込む
4.蓋を開け(量は1/3程度に減っているはず)混ぜたらそのまま水気を飛ばしたら完成!
(大体5分位が目安)

【サバ缶の煮物・イタリアン風】

=材料(2食分)=
*サバ水煮缶 1缶
*ニンニク 1/2かけ
(チューブのおろしニンニクでも無くてもOK)
*玉ねぎ 1個
*キノコ類(しめじが理想)  1パック
*トマト水煮缶 1缶
*酒(あればワイン)・味噌・オリーブオイル 適量
(味噌はスプーンにすりきり1杯程度:好みによります)

=作り方=
1.玉ねぎは薄切りに、ニンニクのかけらはみじん切りにする
(玉ねぎもスライサーで切れます)
2.熱したフライパンにオリーブオイルを引いてニンニクを炒めて香りを出す
(ニンニクを使わない人は省略)
3.玉ねぎを入れてクタッとするまで炒める
4.サバ缶・キノコ・トマト缶・酒かワインを入れて一煮立ちさせ、アルコールを飛ばす
5.味噌を入れて溶かしたら蓋をして弱火で10分位煮込む
6.蓋を開けて水気が多いようだったら飛ばし、味見をして薄ければ味噌を足すか塩コショウで好みの味にする
7.盛り付けしたら出来上がり!
(もしあればパセリやかいわれを添えると見栄えがイイです)

お手軽ダイエットにもう1品!

a1180_015704_m

「2品じゃ寂しいなぁ…」と思う人は「豆腐」「納豆」等の大豆製品をプラスすると更に良いです!
大豆に含まれているサポニンと言う栄養素には脂質を溶かすという素晴らしい性質があります。
味噌汁も作って豆腐や油揚げを具に、面倒だったら冷奴でも良いかも。

但し無理は禁物!
「あ~、いいかげん肉やご飯が食べたいよぉ~!」と思ったら1回は食べちゃってください。
我慢してストレスを溜めるとその後過食に走ってしまいがちなので注意してくださいね!

この記事をシェア!