余りがちなカレーの食材を使ったアレンジレシピ!飽きが来なくて保存もバッチリ♪

01

例えばカレーを作る時なんかに一人暮らしをしていると材料が余ってしまうから…とじゃがいも、タマネギ1個・ニンジン1本単位で野菜を買ったりしていませんか?

それはちょっともったいないです!
今回はカレーのメイン具材が余った時にそれを応用した料理のレシピと野菜の保存方法をご紹介します。

《王道にして鉄板な「クリームシチュー」》

02
コレは皆さんすぐ思いつきますよね!
カレールーをクリームシチューのルーに変えるだけでOK!
カレーを作る時より水を少なめにして、最後の仕上げに牛乳をコップ1杯分くらい足すとまろやかさが増して更に美味しくなります。

《家庭料理の代表格!?「肉じゃが」》

03
このアレンジレシピにしようかなぁ~と思った場合、カレー用のお肉は鶏肉以外にした方がいいでしょう。
(肉じゃがの肉が「鶏肉」って聞いたことないですよね…)

作り方はほぼカレーと同じ。
味付けに使うのは

*だしの素 適量
*酒 少々
*醤油 適量
*砂糖 好みで

です。

【作り方】
① 野菜は適当な大きさ(1口大程度)に切ります
② お肉も同じくらいにカット
③ 油を引いた鍋でお肉を炒めて、火が通ったら野菜を投入
(時間短縮をしたい場合は自前に野菜の種類ごとにレンチンで柔らかくしておくと良いです)
④ 具材が隠れる程度に水を入れ、アクをすくいながら煮込みます
⑤ 野菜に火が通ってきたら調味料類を入れ、味見をして「美味しい♪」となってニンジンを箸で刺してみて刺さるようなら出来上がり!

実家で食べる肉じゃがに糸こんにゃくが入っていたりするのが定番な場合は余裕があれば追加で入れてみましょう。
(余らせないように気をつけてくださいね!)

《じゃがいもとタマネギの味噌汁》

この組み合わせの味噌汁はあまりメジャーではないのですが意外に美味しいんですよ!
ジャガイモは1口大に、タマネギは薄切りにして水を足して煮立て、火が通ったらだしの素と味噌で味付けするだけ。

タマネギの甘みが出て優しい味わいになります。カンタンな上に栄養価も高い隠れた逸品?です。

《余り野菜でポテトサラダも!》

04
他の物より少し手間がかかりますがポテトサラダも作れます。

【作り方】
① じゃがいもは少し小さめに切ってレンチンか茹でるかして柔らかくします
② そのじゃがいもをヘラなどで潰すかあればフードプロセッサーでマッシュポテト状態にします
③ ニンジンは薄切りにして別茹で、またはレンチンで柔らかくします
④ タマネギも薄切りにして生の味が好きな人はそのまま、苦手な人は水にさらしてカラミを抜きます
⑤ 潰したじゃがいもに他の野菜を入れ、塩・コショウ・マヨネーズを入れてよく混ぜます
⑥ 全体的に味が行き渡れば完成!

こちらも他に使う予定があればキュウリの薄切りを入れたりウインナーもいれても美味しく食べられますよね。

《すぐに作らない場合の保存方法》

onions-1228362_640
忙しいから毎日自炊はムリ!という人は数日間保存しておきましょう。

カレーの基本材料になる野菜は全て根菜類。
根菜類の保存の基本は「収穫される前の状態で冷蔵庫in」です。

根菜類=根っこのあるものですよね?食べる部分は地面の中にあったものです。

【ニンジンの場合】

1本のニンジンを半分にカットして余ったら、カットした面が乾かないようにラップをかけて地面に近い方(太い方)を上にして冷蔵庫に入れておくんです。

そうすると横にして保存しておくよりも数日長持ちするんですよ!

【タマネギの場合】

タマネギも同じですが、カット前のモノでもし可能ならネットに入れて吊るしておくと長持ちします。
(野菜売り場のタマネギってみんなネットに入っていますよね?)

ベランダなどで雨に当たらず、直射日光が当たりらない風通しの良い場所がベスト。
ネットは100均で売っている排水口用のモノでOKです。

【じゃがいもの場合】

じゃがいもはとにかく冷暗所へ!
温かい場所においておくと直ぐに芽が出て来てしまいます。

じゃがいもの芽は有毒なので、出て来てしまっていたらしっかり取り除いてから調理してください。
(芽の周りの青くなった部分も取ってくださいね!)

もしポストに投函されていたチラシの中にコーティングされていないザラザラした紙があった場合、ラップの代わりにその紙で包んで冷蔵庫に入れると更に日持ちするようになります。

紙を通して野菜が呼吸できるし、余計な水分を吸ってくれるので腐りにくくなるためです。
昔は新聞紙に包んで保存していたそうです。

これで安心して「お家でカレー」が作れますよね?ぜひ思う存分食べてくださいね!

この記事をシェア!