3月13日はサンドイッチの日!一風変わった簡単サンドイッチ レシピ3選

S__16801800

3月13日は「サンドイッチの日」。
ランチタイムのお供として、コンビニなどでも気軽に買えて種類も豊富なサンドイッチですが、食パンと具があれば一人暮らしで忙しいあなたでも、短時間で作れてしまいます。
最近は変わり種サンドイッチも登場してブームの兆しがありますが、そんな面白サンドイッチをお家で作ったら、毎日のご飯がもっと楽しくなりますよ。
今回は3つのレシピをご紹介します。

え、和食?!な厚焼き卵サンドイッチ

DSC04029
最近、有名芸能人がテレビで差し入れの品として紹介し、大人気になった「厚焼き卵サンドイッチ」。
フライパンひとつでお手軽に作ってみましょう!

ポイントは、パンと合わせるため、卵を「甘め」につくること。

【材料】
・卵 3個
・薄口醤油 小さじ1
・砂糖(上白糖でもグラニュー糖でも可) 大さじ1
・塩 お好みで
・食パン(八つ切り〜十切り)2枚

【作り方】
(1) 卵を割り、材料を全部入れて混ぜ合わせる。
(2) フライパンを熱し、油を全面になじませ、クッキングペーパーで拭いておく。
(3) (1)の卵液を6分の1ほど流し、半分卵に火が入ったところでフライパンの先からフライパンの柄にむかってくるくる巻いていく。
(4) 巻いた卵をフライパンの先へ移動させ、キッチンペーパーで油を塗る。
(5) 再び卵液を6分の1ほど流し、全体に行きわたらせ巻いていく。これを繰り返す。
(6) 焼きあがった卵焼きの両端を落とし、食パンに収まるサイズにする。
(7) 食パンの耳を落とし、卵焼きを挟み、斜めにカット。

ぶ厚い!

ぶ厚い!

卵焼きのため、ゆっくり少しずつ巻いていくのがコツです。焼きたてふわふわの甘めの卵焼きは、パンにもよくあってGOOD。落とした両端の卵焼きは次の日の朝ごはんのおかずにして二度楽しみましょう。

ヘルシーなファラフェルをサンドイッチに!

DSC04063
ファラフェル」とは、ひよこ豆から作ったコロッケのようなものを指します。
イスラエル発祥のフードですが、近年、そのヘルシーさと植物性100%ということから、女性に大人気なのです。
だけど「ひよこ豆なんて使ったことないし、ましてや油で揚げ物なんて…」というあなた。サンドイッチの日を機会に、ファラフェルをお家で作ってみませんか?

【材料】
・ひよこ豆の水煮(缶詰) 100g
・パクチー 2枝
・塩 5g
・ブラックペッパー 適量
・チリペッパー 小さじ2分の一
・カレー粉 小さじ2分の一
・クミンパウダー 小さじ2分の一
・にんにくすりおろし 1かけ
・ごまドレッシングorごまソース

【作り方】
(1) ひよこ豆を水気を切り、フードプロセッサーで細かくする。
(2) 材料をすべて混ぜ合わせ、食パンに収まる四角い形に成形して冷蔵庫で寝かす。
(3) フライパンに油を多めに入れ、ファラフェルを両面揚げ焼きに。
(4) 油をキッチンペーパーで切って、ソースをかけて食パンに挟み、カット。

ファラフェルにはごまソースが定番なのですが、お好みでチリソースもおすすめ。お腹いっぱいになれるのにヘルシーなファラフェルサンドイッチ、試してみてください。

もはやデザート?! ショートケーキサンドイッチ

DSC04031
コンビニでも最近よく見る生クリームの入ったサンドイッチ。
この片手で食べられるスイーツサンドイッチも、簡単にパパっと作ってしまいましょう。

【材料】
・生クリーム 100g(40%以上の生クリームがベター。植物性でなく動物性を選んで)
・グラニュー糖 7g〜10g
・お好みのフルーツ
・3:1のシロップ(水3:砂糖1で沸かして冷ましたシロップ。お好みでフレーバーを足してもOK)

【作り方】
(1) 生クリームと砂糖で泡立てる。ツノが立つくらいしっかり。
(2) 食パンにシロップを打って、生クリームを塗る。
(3) フルーツを敷き詰めるように並べる。
(4) さらに生クリームで覆い、食パンで挟む。
(5) 冷蔵庫で休ませ、お好みの形にカットする。

生のフルーツはもちろん、缶詰フルーツでも美味しくお手軽に作ることができます。ちょっとしたお客様へのお手軽おやつにも向いています。

今回、作ってみたサンドイッチを並べてみました!どれも美味しそう。

今回、作ってみたサンドイッチを並べてみました。どれも美味しそう!

サンドイッチは何を挟んでもOKなぶん、奥が深いですね。春のパーティにも向いています。3月13日は、自分の大好きな具材で作るマイサンドイッチ、見つけてみてくださいね!

この記事をシェア!