一人暮らしにおすすめ簡単常備菜レシピまとめ。作り置きで目指せ自炊上手!

pixta_14387029_M

自炊をして節約したい。平日は時間がないので、週末にまとめて作ってしまいたい。
そんな方のために、今回は、特別な材料・道具を使わずに、誰でも作れる簡単作り置きレシピを集めました。
手間別に記載しているので、時間と作りたい料理に合わせて作ってみてください♩

常備菜を作り置きする前にCHECK!

pixta_20513374_M
作り置きの前に見ておきたいチェックポイントはこちら。

□保存容器は殺菌したキレイなものを使う
 →雑菌が繁殖しやすいので、必ずキレイな容器を使用してください。

□冷蔵庫で保存するときは、完全に冷めてから
 →冷蔵庫に温かいまま入れると、他の材料が腐りやすくなります。

□味付けは濃いめに
 →塩、しょうゆ、酢等には殺菌の効果があるので、作り置き用は念入りの味付けで。

□火は全体に十分に通す

 →生のままだと、雑菌が繁殖しやすくなります。

それでは、早速一人暮らしにおすすめな常備菜レシピをご紹介します。
Let’s Cooking !!

めちゃ簡単!キャベツごま油塩昆布和え 

DSC04016 (1)
・保存期間:4~5日間(冷蔵庫でタッパーに入れて)
・手間度:★

炒めても、煮込んでも、そのままでも美味しいキャベツ。
そんな万能”キャベツ”を使った作り置きレシピをご紹介します!
冷蔵庫に残っているキャベツを使いきりたいとき、家庭の味を出したいとき、作ってみてはいかがでしょうか。

【材料】
 ・キャベツ…1/2玉
 ・ごま油… 大さじ2
 ・塩昆布… 30g

DSC03999
【作り方】
(1) キャベツの葉をざく切りにします。ざくざくと、適当に。
(2) ボウルに全ての材料を混ぜ合わせます。

たったこれだけで常備菜ですから、一人暮らしにはオススメです。

油いらずのミートボール

pixta_19696892_M
・保存期間:冷蔵庫でタッパーに入れて3日間、冷凍庫で2週間
・手間度:★★

お弁当に入れたい食材No.1のミートボール!!
だけど、作るのはすごく面倒くさそう…。

安心してください。実は、油で揚げなくても作れるんです。
ここでは、フライパンで茹でるだけのミートボールレシピをご紹介いたします。

【材料(10個分程度)】
 ・合いびき肉 150g
 ・溶き卵 1/2個
 ・たまねぎ 1/4個

(A)
 ・片栗粉…大さじ1
 ・酒…大さじ1
 ・塩…小さじ1/6
 ・こしょう…少々

(B)
 ・しょうゆ、みりん、酢、ケチャップ、水…各大さじ1
 ・砂糖…大さじ1/2

【作り方】
(1) 玉ねぎをみじん切りにします。
(2) (A)と、合い挽き肉、溶き卵、たまねぎをボウルで混ぜます。
※全体的に粘り気が出るまで、根気強く混ぜてください。テレビを見ながらやってもいいです。
(3) フライパンに1センチ程の水を入れて、強火で沸騰させます。
(4) (2)を、好きな大きさに丸めて、(3)に並べ入れて、フタを落として中火で3分加熱します。
(5) フタをとって、(B)の材料を絡めながら、水分がなくなるまで煮込みます。

この手順で、油なしのミートボールができあがります。

魚なのに手軽!ハタハタの南蛮漬け

pixta_13290193_M
・保存期間:冷蔵庫でタッパーに入れて1週間)
・手間度:★★★

魚料理…!??
生臭いし、さばいたこともないし、三枚におろすなんて…
ヒーーッ!
とアレルギー反応が出ちゃいそうな、一人暮らしのあなたでも大丈夫。
大きな魚ではなく、骨が柔らかい小魚を選べば、手の混んだように見える料理が簡単に作れます。

今回は、秋田のお魚ハタハタを使った南蛮漬けをご紹介します。
もちろん、他のお魚でも大丈夫です。

【材料(4~5食分)】
・ハタハタ…10数匹
・玉ねぎ…1/4個
・人参…1/4本
・鷹の爪…1個
・片栗粉…適宜(揚げる前に魚にまぶす用)

(A)
・お酢…1/2カップ
・砂糖…1/2カップ
・薄口醤油…1/2カップ
・だし汁…2と1/2カップ

【作り方】
(1) ハタハタの頭を切り落とし、内蔵を取り除きます。
※お尻の穴から頭に向かって包丁で切れ目を入れると、取り除きやすくなります。
(2) 軽く水でハタハタを洗い流し、ヌメリが取れたら、塩をさっとふります。
(3) (A)の材料を鍋で軽く沸騰させ、鷹の爪を入れて冷まします。
(4) 先ほどのハタハタ表面の水気を、キッチンペーパー等で拭き取り、片栗粉をまぶします。
(5) 180度くらいの油で揚げます。ハタハタの表面に衣が付かない場合は、再度片栗粉をまぶして二度揚げると綺麗に揚がります。
(6) 表面がうっすら茶色になったら、(3)の南蛮酢に浸けて冷まします。
(7) その上に、スライスした玉ねぎと、人参をのせます。輪切りのレモンがあれば、さらにさっぱりとした味になります。
  


※鍋で大量の油を使いたくない場合、フライパンに1センチ程の油をひくだけでも、揚げることが可能です。その場合は、何度かひっくり返して、しっかりと揚げてください。また、温度計がない場合は、箸の先を油に入れてパチパチなり始めてから、ハタハタを入れてください。

一晩寝かすことで、ハタハタに甘酸っぱい南蛮酢がしみ込み、より美味しくなります。

常備菜を作れば一人暮らしの自炊もラクになる!

以上、節約したい方、週末にまとめて料理をしておきたい一人暮らしのあなたへの、オススメ常備菜レシピでした。常備菜は一見難易度が高そうですが、いちど覚えてしまえば一人暮らしの強い味方になってくれますよ。
慣れないうちはまず簡単な塩キャベツ、慣れてきたらミートボールやハタハタをつくってみるとよいでしょう。
お手軽で栄養も取れる常備菜、ぜひ、試してみてくださいね!

この記事をシェア!