自炊のわからないを解決! 調味料のそろえ方と計量の仕方




整理収納アドバイサーの須藤昌子です。

4月から一人暮らしを始める方々は、いろいろと分からないこともあって、不安なときを過ごされているのではないでしょうか? そんな不安の一つ、料理に使う調味料のそろえ方や計り方をお教えします。

調味料をそろえよう!

□ 醤油
□ 塩
□ 砂糖
□ ソース
□ マヨネーズ
□ ケチャップ
□ スープの素
□ 顆粒だし
□ サラダ油
□ こしょう

これだけあれば、何とかお料理をすることが出来ます。

他に必要であるとすれば、めんつゆ、みりん、酢など、そろえるといいと思います。

砂糖と塩

砂糖は、煮物や紅茶、コーヒーなどを飲む場合にも使うことが出来るので、大きな袋で購入してもよいのですが、塩は、意外と使うタイミングが無いので、固まってしまうこともあります。

ですから、塩は、小さめな袋のモノを購入するか食卓塩などそろえて、お料理やサラダにかけるなど兼用で使えるといいと思います。

また、保存も楽で、使いやすいように、容器に移し替えると良いと思います。

容器も、一袋すべてが入る大きさのモノがいいです。

お勧めは、使い切れるサイズ

少し、割高になりますが、小さなサイズの調味料が販売されていますので、そういったものを使うことで、使い切れないまま賞味期限が来てしまうことでの無駄をなくすことが出来ます。

また、冷蔵庫も小さいサイズであれば、収納にも便利です。きちんと使い切り、新鮮なものを使えると、健康にも、お財布にも優しく過ごせます。

計量グッズと計量法

お砂糖やお塩、小麦粉など粉ものやしょうゆなどの液体の計量に使う「計量スプーン」。

こちらは大さじ、小さじセットで持っていると便利です。

大さじは、15㎖、小さじは、5㎖です。

計量法は、欲しい調味料をすくって、スプーンの絵の部分などを使って、盛り上がっている調味料を擦切ります。

これがさじ1杯分になります。

2分の1の量と言われたら、この半分がその量になります。

例えば、酒やみりんなどの液体で、スプーン2分の1の量と言われたら、こんな風に計ります。

今は、大変便利なことに、置いて測れる計量スプーンも売られていますので、持ったまま、計量する必要が無いので、お好みで、こちらを使うといいと思います。

もう一つの計量グッズとして、計量カップがあります。

こちらは、液体を測るのに使います。

カップに入っている量を確認するときには、カップ上からではなく水平に見た量で計量しましょう。

慣れてくると、お料理は目分量でもいいと思いますが、始めのうちは、きちんと計量することで、失敗が少なく、おいしいお料理が出来上がると思います。面倒でも、きちんと計量をしてみてください。

上手にお料理ができると、自信が出て、お料理も毎日も楽しく変わります。

計量スプーンなんて持ってない! という方は、代用できるものも紹介していますので、参考にしてみて下さい。

大さじ小さじ、お米3合など、計量器がないときに正確に測る便利な代用品アイデア7選

2018.05.04





この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し