春の七草粥を作ってみよう!簡単レシピ

七草粥をご存知ですか? 聞いたことはあるけど、実際に食べたことはない……。そんな方も少なくないのではないでしょうか。

1月7日は年末年始で暴飲暴食した胃を休めるために、七草粥を食べると良いとされています。今回は、七草粥の由来・その効果・レシピについて紹介します。

七草粥の由来

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」というフレーズは聞いたことありますか?

これが春の七草です。

ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと。

これらを春の七草としてお粥で食べる習慣は江戸時代から始まりました。七草の種類は地方によってさまざまだったり、時代によって変化があったりしたようです。

七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれており、無病息災を祈って食べられていました。

七草粥の効果

年末年始はいろいろと食べ過ぎたり、飲み過ぎたりした胃が弱っています。いわば日本のハーブである七草をお粥にすることで、胃腸の回復にはもってこいのメニューになるです。それぞれの材料にも、以下のような効果が主に期待されています。

セリ…鉄分が多く、増血作用の期待
ナズナ…熱を下げる、尿の出をよくする
ハコベラ…タンパク質が多く、ミネラルなどの栄養豊富
スズナ・スズシロ…ジアスターゼが消化を促進

意外に簡単、七草粥レシピ

では「七草粥」は一体どのように作ればいいのでしょうか。作り方としては、お鍋で作るのが一般的ですが、炊飯器を使うととっても楽チンです。

作り方(炊飯器の場合)

お米、細かく刻んだ七草、顆粒のだし、うす口しょうゆ、塩を適量入れ、
全がゆの水量まで水を入れ
炊飯スイッチオン!あとは炊けるのを待つだけです。

作り方(お鍋の場合)

お鍋で作る場合は炊いたごはん2杯分に対し300mlのお水で作ります。
お水と白だしおおさじ4杯を鍋で煮立たせる
ごはんを入れて水分が少なくなるまで煮る
細かく刻んだ七草を入れてさっと煮る

七草粥は身体にもよく、ダイエット食にも向いていそうですね。最近はスーパーで七草セットが売っている場合も多いので、ひとつずつ揃える手間もなく、七草粥が手軽に楽しめます。

味つけを自分なりにアレンジして、オリジナル七草粥で昔ながらの日本の食文化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア!