たった1手順で乾燥パスタを生パスタ風にする!もちっと食感を実現

一人暮らしは自炊が大変ですが、その強い味方がパスタ! ゆでて市販のソースとあえるだけで、あっというまに完成するので、重宝している方も多いのではないでしょうか。
保存が効いて、お値段も手頃な乾麺を使用することがほとんどだと思いますが、たまにはレストランで食べるような、モチモチ食感の生麺パスタを家で作りたいですよね! でも、生麺は高いし、食べきれなかったらもったいないかも……。

そんなあなたにぴったりの夢のような裏技があるのをご存知ですか? なんとたったひとつの手順で乾麺が生パスタになっちゃうんです! 実際に作ってみたのでレポートします。

材料は100円ショップですべて揃う!

まずは材料を揃えます。なんと、全部100均で揃いました。ビバ! 100均!!

材料

乾燥パスタ
パスタソース
パスタが入る器(フタはあってもなくても)

今回買った器はレンジで温められるものですが、パスタが入ればOKなので素材は問いません!

これだけで乾麺が生麺に!!

作り方

水につける

それだけです。そ、そ、そ、それだけ!? はい。それだけです。しかも、水は水道水でOK。

半信半疑ながらも水につけます。その後1〜2時間程放置。

2時間後、水がやや白く濁っており、パスタも白っぽくなっています。そしてパスタはふにゃふにゃに……。「本当に食べられるのか?」という一抹の不安が胸をよぎります。

疑いつつ、ゆでる

あとは通常のパスタと同様にゆでます。しかし、なんとゆで時間はたったの1分。本当に、1分でいいの……? 疑いつつも、さっとゆでます。

いざ実食!その1

まずは大好きなたらこクリームで「水漬けパスタ」を食べてみます。見た目はちゃんとパスタですが、味はどうなのでしょうか……。

う、う、う、うまいーーーーーー!!! まじで、生麺です。いやーびっくり。もちもちです。乾麺のつるつるっとした感じも好きですけど、やっぱりモチモチ食感は違いますね。1分間ゆでたらアルデンテですよ。疑ってごめんなさい。これはすごい発明ですね。

モチモチした歯ごたえで、乾麺よりもクリームがよく絡んでいるように思います。コクのあるクリームと相性が良いですね。

実食!その2

あまりのおいしさに調子に乗った私は、この「水de生麺パスタ」は何味がおいしいのか調べたくなり、購入した他のソースでも作ってみることを決意。お次は定番のミートソース!!

こちらも間違いないおいしさですね。やはりクリームやミートソースなどの、もったり系ソースは生麺(風)との絡み具合が抜群です。家族からもかなり好評でした。トマトの酸味のあるソースともちもち食感の麺も、非常にマッチしています。

実食!その3

最後は和風のあっさりソースでスープ風にいただきたいと思います。前出の2つのソースとはまた違ったおいしさです。さらっとしたスープ風ソースとも相性は良く、とてもおいしいですが個人的にはスープ風はつるつるした乾麺のほうがアリだなと感じました!

まとめ

今回は本当に簡単な一手間で、驚くほどのおいしさアップが実現しました。ちなみに、2時間以上(4時間くらい)つけていたものもありましたが、柔らかくなりすぎてしまうということもありませんでした。手が空いているときにパスタを水につけ、数時間後の食事の時間にゆでる、というのも全く問題なさそうです。また、1時間水につけてでゆでたものよりも、2時間以上つけたものの方がゆで上がりが早く、もちもち感もアップしていました。

3種のソースを試しましたが、おすすめはクリーム系。乾麺との違いを一番実感できると思います。乾麺だと物足りなかったソースの絡みが解消されるうえ、もちもち食感とソースのコクのバランスが最高でしたよ。しかし、どれも乾麺で作るよりもおいしさはアップしていたので、パスタを食べるときはこのひと手間プラスをおすすめします♪

この記事をシェア!