キャベツ七変化レシピをつくったよ!〜1週間食材活用企画・キャベツ編

ロールキャベツを作る

料理初心者でもたくさんのレシピがあるのが、キャベツ。せっかく自炊するなら、いろいろなレシピをつくってみるのが楽しいですよね。
キャベツは安く、栄養分も豊富でコストパフォーマンスもGOOD。一人暮らしにはまさにもってこいです。
市販のキャベツはたいてい、1度料理に使っただけではたくさん残ってしまいます。そこで、
「キャベツを使って、1週間使い回してみよう!」にチャレンジです。

序盤はがっつりキャベツ料理!

一人暮らしだと腹がふくれるほどたらふく料理を食べたくなりますよね。そこで、がっつりキャベツ料理を作ってみました。

1日目 豚肉キャベツ味噌炒め

DSC02174
初日はがっつり腹に溜まるものが食いたい! 
てことで、最初は豚肉キャベツ味噌炒めに挑戦してみました。

~料理の手順~
1.豚肉に味噌、砂糖、醤油、酢、みりんをあえて、置いておきます。キャベツもお手頃な大きさにカット。
2.フライパンにごま油をひき、調味料であえた豚肉を炒めます。火が通ってきたらキャベツも入れます。
3.醤油、ニンニク、生姜のチューブ、酒、片栗粉を入れて炒めたら完成!

ボリューミーな見た目が食欲をそそりますね。
さっそく実食! キャベツの甘みが豚肉の味を引き立たせてくれて、これならご飯何杯でもいけます。
こんな料理が1週間も続くなら飽きることなく1週間があっという間に過ぎそうです。

2日目 キャベツたっぷりお好み焼き

DSC02199
2日目も満腹レシピに挑戦です。
そこで、キャベツをふんだんに盛り込んだお好み焼きに挑戦です。

~料理の手順~
1.小麦粉、卵、かつお節を粉々にしたもの、揚げ玉、紅しょうがとその汁、水、キャベツを混ぜて生地を作ります。
2.フライパンにオリーブオイルをひき、2を円状にしき、中火程度で火が通るまで焼きます。
3.できあがったものを皿にのせ、マヨネーズ、ソース、かつお節で飾りつければ完成!

お店で見るような生地が完成しました。
期待できる予感がします。
お好み焼きを返すのがうまくいきませんでしたが、なかなか見た目はそれらしいのが仕上がりました。
マヨネーズとソースで彩ってうまくごまかせました。見た目はキレイで食欲を引き立たせてくれます。さっそく実食! 
キャベツのシャキシャキ感がなんともうまい! 2日目も満足に終われそうです。

お腹に優しいキャベツ料理は?

序盤から飛ばしたので、胃に優しい料理が食べたい気分。そこで胃の回復に、お腹に優しいキャベツ料理を作りました。

3日目 ソーセージのキャベツたっぷりポトフ

DSC02190
そろそろキャベツのシャキシャキ感も飽きてきて心温まるスープが飲みたい。そこで、ソーセージを入れたキャベツたっぷりポトフを作ってみました。

~料理の手順~
1.鍋に水と固形のコンソメを入れ、キャベツ、ニンジン、ジャガイモを煮ます。
2.食べやすい固さになったら、ソーセージを入れます。
3.皿に盛り合わせて完成!

コンソメをベースに野菜を入れて煮るだけ。
見た目はすごく美味しそうにできました。
よく火が通っていて柔らかいキャベツもまたいいですね。

煮ることでキャベツの甘みが倍増されて、しつこくない薄味がさらに甘みを引き立たせてくれます。
中盤に差し掛かった今日だからこそこの料理! 野菜本来の味を楽しみました。

4日目 コンソメベースのロールキャベツ

DSC02162
昨日の残り物のポトフを使ってロールキャベツに挑戦してみました。

~料理の手順~
1.まず、キャベツの葉を1枚ずつはがし、レンジでしなる程度に温めます。
2.ボールにひき肉、玉ねぎのみじん切り、塩、コショウを入れ、こねて、先ほど温めたキャベツの葉で包みます。
3.昨日作ったポトフに入れて煮るだけで完成!

まずはキャベツをレンジで温めてしならせようとしましたが、焦げてしまいました。まだ、これならなんとかなりそうですかね。
そして、具をキャベツで巻いてみました。
おぉ、これはうまそう! ロールキャベツっぽくなってきました。
あとは野菜と一緒に煮込んで完成。
なかなかできあがりはそれっぽいですね。それでは食べてみましょう。ロールキャベツの中の肉から肉汁があふれてきて、味がしっかりでてます。心なしか、自分で作った達成感が満ちあふれた味がします。中盤に差し掛かった今ちょうどいいですね。

3)夕食にも使える簡単キャベツ料理

そろそろ料理するのも飽きてきた…。作るのに結構時間がかかってしまい、もっと短時間で簡単に作れる料理が食べたい。そこで、5日目からは簡単にできる料理を作ってみました。

5日目 オムキャベ

DSC02221

~料理の手順~
1.まず、キャベツを千切りにして、塩、コショウをし、フライパンで炒めます。
2.卵をボールでとぎ、フライパンに油をしき、その上にといだ卵をしきます。その上に炒めたキャベツをのせ、卵で巻きます。
3.お皿にソースとマヨネーズで盛り付け、ネギをのせたら完成!

具を卵で閉じるだけ! これならお手軽にできていいですよね。しかし、難題は卵でとじるところ。
キャベツを炒め、いざ、卵で閉じてみます。

これは…成功なのではないでしょうか!?
自分でもびっくりです。完成がこちら、見た目は完璧! オムライスみたいですね。味もオムライスみたいでソースとマヨネーズがキャベツとふわっとした卵に合いますね。ランチにでてきそうな料理です。

6日目 ネギとキャベツの卵とじ

DSC02236
丼ものを食べてみたい。
キャベツでできる丼ものとして、ネギとキャベツを卵でとじて作ってみました。

~料理の手順~
1.ネギとキャベツを食べやすい大きさに切ります。
2.卵をとき、フライパンに切ったネギとキャベツを入れ水とめんつゆで煮ます。
3.最後にといだ卵を全体にかけ、少し煮れば完成!

親子丼のようにご飯と一緒に食べると美味しそうな見た目ですね。親子丼の卵&鳥と違って、接点を見つけられない青ネギとキャベツが化学反応を起こしてくれるのか期待です。
では実食! 
卵がふわふわで美味しい。青ネギとキャベツはどちらかでいい気がしますが食感を楽しませてくれます。これはご飯が進みますね。

7日目 やみつきキャベツ

DSC02188
最終日は軽めにサクサク食べられるやみつきキャベツを作りました。作るのは超簡単で、キャベツと塩昆布をごま油であえるだけです。これは失敗しないので安心して作れますね。

~料理の手順~
1. キャベツを食べやすい大きさに切ります。
2. 塩こんぶ、ごま油であえます。
3. お皿に盛り付ければ完成!

キャベツと塩昆布の歯ごたえあるコンビネーションは絶大です。おつまみ感覚でもりもり食べられます。しめに塩キャベツを食いながら、この1週間、失敗もしながら料理をしてきます。

そんな思い出に浸りながら、7日間連続キャベツ料理を食べ終えました。

まとめ)
一人暮らしをしていると食材がよく余ります。そういう時に創作料理をしてみると一人暮らしの楽しみが一つ増えるかもしれませんね。ぜひ僕が作った料理も試してみてください。

この記事をシェア!