彼女を部屋に呼んだ時の失敗談〜男子大学生3人が語る恥ずかしいエピソード〜

「異性を部屋に呼ぶことになった! 」

そんなとき、とてもドキドキしますよね。慣れていないと、予想外の出来事や反応で失敗してしまうこともしばしば。今回はそうした失敗談を男子大学生3人にインタビューしてみました。

インタビューの内容は、
(1)異性との関係
(2)異性の最初の一言
(3)具体的に何が起きたのか
です。

一人暮らしの大学生ならではの意外な盲点や落とし穴も満載。ぜひ一人暮らしをする際の参考にしてみてください。

失敗談①玄関の鍵をかけるのを忘れた悲劇…

icon-04

一異性との関係を教えてください。

Y君「付き合って一年の彼女です」

一事件が起きた時の彼女の最初の一言を教えてもらえますか?

Y君「きゃああ! でした(笑)」

一何が起きたのですか?

Y君「まず、僕は家の鍵をあまりかけないのです。閑静な住宅街ですし、いつもかけるのが面倒でその日は、彼女を家に呼んで、一緒に夜ご飯を作って食べました。ご飯を食べてしばらく経った後、いい雰囲気になったので彼女とイチャイチャしていた時に事件が起きたのです。

なんと、自分の家に大学の友達が入ってきたのです。その友達は、悪気はなく、いつものように私の家で遊ぼうと思ったみたいです。ドアが開いた瞬間“ヤバい”と思い、瞬時に彼女を布団に隠しました。反応が早かったおかげで、友達は僕の姿しか見えなかったそうです(笑)。その事件以降、普段からしっかり鍵をかけるようになりました」

鍵をかけないでみんなの溜まり場になってるってのも変わったエピソードですが、そういう学生もいるんですね。にしても詳しい話が聞きたくなる衝撃エピソード…

その後彼女とは半同棲を始めたらしく、みんなの溜まり場にはもうなっていないとか。フラれなくてよかった。

・同棲や半同棲についてはこちらの記事もどうぞ

異性を部屋に呼んだ時の失敗談~女子大学生編~

2016.01.07

それでは、続いてのエピソードにうつりましょう。次のエピソードはちょっぴり「汚い」…いえ「けっこう汚い」エピソードです(苦笑)次のページで紹介します

この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し